1月の広告収入・クリック単価が低い→季節要因で対策方法はない

多くの方にとっては興味のないことかもしれませんが、ブロガーにとって一番重要なのが広告収益です。僕のブログの1月の広告収益は残念ながら低いです。

2016年12月より2017年1月の方が、アクセス数が11%多いにも関わらず、広告収入は6%低くなっています。原因はクリック単価の減少で、先月よりもクリック単価が14%も下落しています。

当然ですが、アクセス数が増えても単価が減れば収益は減ってしまいます。

僕の場合はたまたまアクセス数がアップしてくれたことで、クリック単価減少による収益減の影響が軽微ですが、アクセス数が横ばいだった場合には15~20%くらいの収益減になっていたと思います。

怖い怖い。



スポンサーリンク

1月の広告収益が少ない理由

別に1月に広告収益が減少することは、異常なことではありません。毎年恒例のことで、ブロガーの多くが収益減となっています。

なぜ、1月の収益やクリック単価が低いかというと、

  1. クリスマスや年末・冬のボーナス商戦の影響
    (12月に広告費を使いすぎて1月の広告費を抑制、12月にいろいろ買いすぎて1月はモノを買わない)
  2. 12月決算の影響
    (12月決算だと1月の予算が出にくい)
  3. 12月の収益は一般的に高いから、その落差で収益が大幅に減ったように感じる
  4. 年始で忙しくて広告どころじゃない

などなど、どうしても1月の広告収益は下がるんです。同様に3月決算の影響を受ける4月も低いし、僕の場合は8月も低いです。

逆に、1年で最も広告単価が高くて、収益が高いのが3月です。3月総決算の企業が多く、売上目標達成のために広告が多くなるからです。

1ヶ月間の中では、月初高いですが、月末は低いです。これは単純に月末に近づくにつれて、その月の広告予算が底をつくからだと思います。

季節要因による収益減を避ける・抑える方法はない

この季節要因による収益源を避けたいとか抑えたいとか考えると思いますが、有効な対策方法はないです。

広告主様の数や予算によって広告クリック単価は決まりますから、僕達ブロガーには何もできることはありません。

たくさん良質な記事を書いてアクセス数を増やすしかないです。

なので、クリック単価が低くても、そういうものだと気にせずに、ブログの記事をたくさん書きましょう!

解決方法がないことで悩んでも無駄ですから・・・

スポンサーリンク