1,299円!一眼レフカメラ用中華製互換バッテリーは使えるのか?

Nikon D750用に予備バッテリーがほしい。

最初は純正バッテリーEN-EL15を購入する予定でしたが、Amazonで価格を調べてみると、なんと5000円近い。

なので、ケチって1,299円のパチもん(中華製互換バッテリー)を買いました。一か八かで購入したので、まともに使えるかどうかチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

パッケージはクソ怪しい

Amazonの箱を開封して最初に思ったのが「メッチャ怪しい」です。製品名や型式すら書いてないんです。

製造元すら書いてません。

純正そっくり

箱を開封してみると、思いのほか作りは良い。

形状は純正と全く同じです。同じ過ぎて怖いくらい完全コピーしてます。

もちろん、Nikonロゴまではパクってないので、模造品ってわけではないと思います。

シールが貼ってある側も形状が全く同じ。シールの形までいっしょ。世の中に出回っている模造品と同じ金型なのか?

Powerextraというブランド名みたいですね。

普通に使えた

怪しい製品ですが、純正品と全く同形状・同サイズなので、問題なくカメラにセットできます。

はめた感触も純正と全くいっしょです。

パチもんバッテリーによっては、純正品じゃないという警告が出たりしますが、僕が買ったものは純正と認識してくれてます。

純正同様に充電残量や撮影回数も表示されます。劣化度も正常です。

もちろん、純正の充電器で充電可能でした。

1日使ってみたのですが、特にバッテリーの持ちが悪いということもなくて普通に使えました。

まぁ、カメラが故障しないという保証はないし、耐久性も未知数です。細かいこと気にする人は純正品買ったほうが良いと思いますが、僕みたいに使えなかったら諦めると思っている人にはコスパが良くていいじゃないかなとも思いました。

気になった方はAmazonでいろいろな互換バッテリーが売っているのでこちらからチェックしてみてください。純正のバッテリー品番を入れて検索すれば大量にパチもん(互換バッテリー)が出てきますよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしてくれると嬉しいです

関連記事