17800円の激安1眼カメラ:ペンタックスQ10 開封レビュー

商品レビュー用

今日の朝、あまりにも安すぎて買ってしまったリコーイメージングの「ペンタックスQ10」が届きましたのでレビューしたいと思います。

今日の朝の記事:ミラーレス一眼ペンタックスQ10が安すぎるのでポチった

安すぎるミラーレス一眼カメラ

s-CB_0003

今日の朝、アマゾンでセールをやっていて17800円でペンタックスQ10が売っていました。安いコンデジくらいの値段で一眼カメラが買えるなんてびっくりして、速攻でポチってしまいました。当日お急ぎ便で頼んだので、先ほど到着。さっそくレビューします。

ちなみに、安い理由は型落ち品だから。2012年10月26日発売ですので、約2年の製品です。

スポンサーリンク

ペンタックスQ10を開封する

取りあえず、開封して写真を1枚撮るところまでやってみたいと思います。画質については別記事にて紹介する予定です。

Amazonの箱到着

s-IMG_3638

見慣れたアマゾンの箱でやってきました。朝注文して夜8:00くらいに到着。アマゾン凄いです。

Pentax Q10の箱

s-IMG_3644

買ったのは、

PENTAX デジタルミラーレス一眼 Q10 ズームレンズキット [標準ズーム 02 STANDARD ZOOM] ブラック

です。

s-IMG_3646

各国共通の箱のようです。

入ってるもの

s-IMG_3648

保証書。本体とレンズの2枚。

s-IMG_3649

取説。無駄に分厚い。読む気はありません。

s-IMG_3650

リチウムイオン電池。1000mAh。あまり持ちが良くないらしい。

s-IMG_3651

バッテリーチャージャー。小さめです。

s-IMG_3652

チャージャーのコンセント。メガネプラグです。

s-IMG_3655

USBケーブル。多分使う事はない。

s-IMG_3656

PENTAXのロゴ入りストラップ付。

s-IMG_3657

カメラ本体。

s-IMG_3658

標準ズームレンズ。

以上が入っているものでした。

カメラを見ていきましょう

s-IMG_3660

これが本体。ブラックボディです。

思っていた以上に小さいです。コンパクトデジカメと同じくらいの大きさです。

安っぽさはありません。かっこいいです。

マウスとのサイズ比較

s-IMG_3661

マウスより小さいです。

普通のミラーレスの2周り以上小さい。おもちゃみたい。

s-IMG_3662

謎の切り替えスイッチが付いています。

(色合いを変えられるみたい)

上面

s-IMG_3663

電源スイッチ、再生ボタン、フラッシュを飛び出させるボタン、モード切替ダイヤル、設定切り替えダイヤルなどがあります。

液晶側

s-IMG_3666

3インチディスプレイと各種ボタンがあります。

こっちから見ると、完全にコンデジですね。

ちなみに、タッチパネルではないです。

s-IMG_3670

USBとHDMIの端子、三脚穴があります。

左右

s-IMG_3672

左右は電池入れとSDカードスロットです。

初めての電源ON

s-IMG_3673

恒例の言語選択画面。凄い数の言語に対応しています。

s-IMG_3674

これも恒例の日時設定。

s-IMG_3675

レンズ付けてないから、変な画面が出てきちゃいました。

一貫電源をOFFにしてレンズを付けていきます。

レンズの取り付け

s-IMG_3676

マウント部のキャップを外します。

小さい画像素子が見えます。1240万画素で1/2.3型です。安いコンデジレベル。。。画像素子はソニー製らしい。

新型のQ7は1240万画素で1/1.7型にサイズアップしてます。

レンズをはめると少しデカい

s-IMG_3678

レンズをはめると結構デカくなりますね。絶対にポケットには入りません。

レンズプロテクターを付けます

s-IMG_3679

料理の写真とかをとる予定なので、油などから守るためにレンズプロテクターを付けます。激安品で898円でした。

40.5mm径なら何でもハマります。

s-IMG_3682

レンズに付いた埃をブロアーで吹き飛ばします。

s-IMG_3683

後はプロテクターをねじ込むだけです。

s-IMG_3685

今回買ったレンズプロテクターはケチって分厚いタイプを買ったので結構飛び出します。

正直なところ、ダサくなりました。

もう少し薄いのを買えばよかったと後悔。

撮影できるようなりました!

s-IMG_3686

電源を入れれば、自動的にレンズの種類を認識して使えるようになります。

少しだけ使ってみてわかったこと

オートフォーカスが遅い

適当に撮影してみたんですが、オートフォーカスが遅い。遅すぎる。1秒くらいかかる・・・。

おかしいなぁと思ってネットで調べてみると、ファームウェアが初期のVER1.00だとクソ遅いみたい。

確かに、VER1.00でした。発売後2年近くたってるのに初期VERとは・・・。超滞在個品かなぁ。まぁ、いいけどさ。

で、無料でバージョンアップできるので、さっそく最新のVER1.03にしました。

そしたら、劇的に早くなりました。半分くらいの時間でピントが合います。許容範囲内のレベルになりました。良かった。

速度的にはキヤノンの一眼レフEOS70Dでライブビュー撮影しているときと同じくらいかなぁ・・・。一眼レフのファインダー撮影には遠く及びません。あれは最強のオートフォーカス性能ですからね。シャッターボタンを半押しした瞬間にピントが合うから。あれになれちゃうと結構イライラするかも。

ファインダーがない

ミラーレス一眼なのでファインダーがありません。普段、一眼レフでファインダー撮影ばかりしているので違和感がありすぎます。やっぱり覗きたい。

画質は良くないけど、設定は自由自在

IMGP3715

オートモードのQ10でEOS70Dを撮影してみました。小さいサイズだと問題ありませんが、拡大すると画質の粗さが気になります。

センサーがコンデジと同じですから、画質もコンデジ並ですね。

でも、コンデジと違い露出の設定が自由自在です。画質はイマイチだけど一眼レフ並みの設定が可能です。

私が良く使うシャッター速度優先露出(Tvモード)が使えるのでありがたいです。ブログ用写真しか撮影しないのでノイズは許容できます。でも、手振れだけはNGなんで、シャッター速度をできるだけ早めにしたいんです。

CANON EOS 70Dと暗い部屋での画質比較

最後にキヤノンの一眼レフEOS 70DとQ10の画質を比べて終わります。

条件は

  • 暗い部屋
  • ISO6400(Q10の最大値)
  • その他はフルオートモード

です。

センサーが小さいと、暗闇に弱いですから、この条件にしてみました。

まずはEOS70Dから

s-IMG_3709

ISO6400ですから、荒くはなっていますが許容範囲です。私はISO12800まで使ってます。

次にQ10

s-IMGP3263

ちょっと、厳しいかなぁ・・・。やっぱり、センサーサイズの差は大きいようです。

以上で今日のレビューは終わります。もう少し撮り進めたら、画質の方をもっと詳しくお伝えしたいと思います。

ほしい方はアマゾンを見てください。

スポンサーリンク
17800円の激安1眼カメラ:ペンタックスQ10 開封レビュー
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ