これ使う?Amazonダッシュボタンを使ってみたが必要性を全く感じない

スポンサーリンク

実は発売日に購入していたアマゾンの注文ボタン「Amazon Dash Button」ですが、買ったは良いけど必要性を全く感じず放置してました。500円だから開封する気すら起きず・・・。

部屋の掃除をしつつ、いらないものを整理していたら、棚の後ろから出てきたんで今更ながら開封して実際に使ってみたいと思います。

(Amazonダッシュボタンとは、ボタンを押すだけで特定の商品を自動注文できるデバイスです)



スポンサーリンク


僕はウィルキンソンのダッシュボタンを購入

ダッシュボタンは製品ごとに用意されていて、例えば僕が購入したウィルキンソンボタンの場合はウィルキンソンの商品だけが購入できます。

洗剤や食品などの消耗品・日用品を中心に42種類用意されています。

価格は全部500円で、初回注文時に商品が500円引きになるため、実質無料で入手可能です。

梱包はアマゾンのプライベートブランド商品同様のダンボール梱包です。

サイズ的には親指より一回り大きいくらい。ボタンとLEDがあるだけです。

厚みは結構あります。

ちなみに、ネジ止めではなく溶着されているため電池交換はできませんが、無理やり背面カバーをこじ開ければ交換できます。電池は単4。だから分厚いんですね。

まぁ、実質無料で買えるので、電池交換するメリットはありませんが・・・。

黒い部分は外れます。何かに引っ掛けるためのフックです。

ちなみに、磁石はついていないため冷蔵庫などにはくっつきません。不便。

一応、背面に両面テープがついているので、貼り付けること自体はできます。

とりあえず、マグネットフックで取り付けました。

スマートフォンで設定する

ボタンを使うためにはスマホアプリ「Amazonショッピングアプリ」が必要です。Android用とiPhone用の両方が用意されています。

アプリを起動して、左上の三本バーをタップして・・・

アカウントサービスをタップ

下の方にある「Dash端末→新しい端末をセットアップ」をタップ

確認画面が出るのでオレンジのボタンをタップ。

ダッシュボタンの6秒間以上押してから、オレンジボタンをタップ。

Wi-Fiネットワークの選択画面が出ます。自宅の無線LANルーターをタップします。

Wi-Fiのパスワードを入力します。

WPS(AOSS、らくらく無線スタート)では設定できないので不便。

パソコンに詳しくない人はここから先に進めないかも。なお、WiFiのパスワードは無線LANルーターの底などに記載されている場合が多いです。

ダッシュボタンを押したときに注文される製品を選択して、オレンジボタンをタップします。

僕の場合はウィルキンソンボタンなのでウィルキンソン関連製品から選びます。他メーカー品や他ブランド品は選べません。

正直なところ、なんでも選べるボタンにしてほしいですよね。メーカーもこのボタンの費用を負担しているのかな?

最後に確認画面が表示されてオレンジボタンをタップすれば完了です。



スポンサーリンク


実際にAmazonダッシュボタン使ってみる

実際にダッシュボタンを押してみました。長押しは必要なくて軽く押すだけです。

なので、お子さんがいる家庭は要注意。手の届かないところに設置しないと、残念な結果になりますよ。

(初期設定では商品が到着するまではボタンを押しても次の注文がされない仕様です)

ちゃんと注文されてました。ちゃんと、ボタン分の価格が値引きされて0円になってました。

ボタンと関係ない話だけど、僕って過去6ヶ月間に145回もAmazonを使っていたらしい。やばいよね。

僕はいらねーと思った

超便利!とか感想を書いている人が多数ですが、正直な意見を言わせてもらえば、こんなのいらなくねーって思ってます。

だって、Amazonの日用品って価格に送料が含まれているのかスーパーで買うより高いんですよね。わざわざAmazonで買う必要ないし、僕のボロアパートには宅配ボックスがないので宅急便を受け取るのも面倒。

もしAmazonを使うとしても、わざわざボタンで注文する必要もない。パソコンで価格を確認した上で注文したいし、僕は日用品を買うときはブランドやメーカーに関係なく一番安い製品を買うので、この注文ボタンとの相性は良くないです。

今回は試しに使ってみましたが、二度と使うことないと思います。

スポンサーリンク