【DIY】小型レフ板の作り方!ダイソーの100円部材でレフ板づくり

商品撮影や物撮り用の小型なレフ板が欲しかったのでアマゾンで検索してみると、どれもデカイものばかり。大は小を兼ねる的な考えなんでしょうか?

デカイと邪魔のなので、小型レフ板をDIYすることにしました。



スポンサーリンク

ダイソーの材料でレフ板自作(300円)

できるだけ安い材料で作りたかったので、みんな大好き100円ショップ「ダイソー」で材料を調達。

カラーボード白と貼れる布の銀、布テープ白を使用しました。全部、100円なので合計300円です。

写真に写っているアルミテープは使わなかったです。

このダイソーのカラーボード白はレフ板自作の定番らしいです。発泡素材の表面に白い紙が貼ってあるだけですが、柔らかすぎず硬すぎず、加工もしやすい。

カラーボードをカッターで真っ二つに分離。真っ直ぐ切るのが難しかったです。

2回くらいミスって、若干小さくなってしまいました。

2枚のボードを折り曲げた状態で布テープ白でくっつけます。片面をくっつけたら、反対側に折曲げてもう片方にもテープを貼りました。

白と銀のレフ板にしたかったので「貼れる布」の銀を貼り付けます。一般的にはぐしゃぐしゃにしたアルミホイルを貼り付けるみたいですが、ダイソーで良いもの見つけたのでこれを使いました。

貼れる布をカットしてペタリと貼り付けたのですが、結構難しかったです。布がペラペラ過ぎてきれいに貼り付けることが困難でした。

ちょっとぐしゃぐしゃになりましたが、実用上は問題ないので、気にしないことにします。

最後に4辺に 布テープを貼り付けて完成。

クオリティーは微妙だけど・・・

すごくいい加減に作ったのでクオリティーは微妙ですが実用上は問題ないです。

白側を使えばふんわりと

銀側を使えば強力な光を当てられます。

いい感じ。

レフ板の効果

レフ板の効果ってどれくらいあるのかなぁと思って撮り比べて見ました。撮影対象はみかんです。

スーパーで一番値段の高かった高級みかん。

まずはレフ板なし。これはこれで悪くないです。

(絞り開放で撮影しているのでボケ気味ですが気にしないでね)

左斜め下から当てているのでみかんの右側底が明るくなりました。できれば、レフ板をもう一つ作って両側から光を当てたほうがもっと良くなりそう。

まぁ、ぶっちゃければ、僕のブログに使う写真にレフ板なんていらないなぁとも思いました。芸術作品を撮影しているわけじゃないからさ。

追記:やっぱり効果ありです

撮影物がみかんってのが良くなかったみたいです。Amazonダッシュボタンの撮影をしているときに効果を実感しました。

レフ板なし。

レフ板あり。

全体的な明るさに差がありますが、レフ板ありの方が均一に明るくてきれいに写ってますよね。

スポンサーリンク