【DIY】100円ショップの部材でハブ用隠し小棚を設置!最強のパソコンデスクを自作する part4

part3ではデスクトップPC用のキャスター付き台車を製作しました。簡単にそこそこのクオリティーで制作できて満足。

調子に乗って、さらにカスタマイズしてみたいと思います。で、今回はパソコンデスクにスイッチングハブを設置するための小棚とコンセントを追加してみました。

スポンサーリンク

スイッチングハブ用の小棚の材料

まずはスイッチングハブ用の小棚作りです。デスクの上にハブを置いていたんですが、見た目が悪いので、デスクの見えない部分に棚を付けて隠そうという作戦です。

すでに想定していた金額を大幅にオーバーしているので、今回はダイソーの100円材料を使いました。

追加で購入したものは、

  • 木板 100円
  • 水性ニス(茶) 100円
  • ニス塗り用ローラーの替えスポンジ 2個で100円
  • ニス塗り用の入れ物(タッパー) 100円

全部ダイソーで買ったので税抜き400円です。ネジは家にあるものを使用。

450×200×9mmの板材も100円で売ってました。すごく柔らかくて強度はない感じですが、ハブ用の棚としては必要十分。

100均の木材は適量で安いから、ちょっとしたもの作るのに便利ですね。これからも活用していきたいと思います。

棚の板にニスを塗る

100円で売っていた水性ニス。今回のような小さな材料に塗るにはちょうどいい量です。

part4になってやっとニスの容器にビニール袋をつけるという方法に気がつきました。こうすれば容器が汚れないし、片付けが楽です。

ニスを1回だけ塗ったんですが、色はちょっと違うけど、予想以上に濃くていい感じに仕上がりました。

100円の安い板でも、ニスを塗るだけでこんなに高級感が出るんですね。すばらしい。

ただ、100均で買ったペイントローラーの取り換えスポンジはイマイチでした。スポンジがボロボロと砕けるし、ニスが泡立ちやすかったです。

二度と買わない。

ちなみに、この木板はニスを塗っても強度が全くないです。爪で軽く押すだけで凹みます。この木材は見えないところや、手の触れないところに使うべきですね。

スポンサーリンク

電気配線してパソコン机にコンセントを設置

スイッチングハブには電源が必要なので、コンセントを机に設置しました。延長コード(タップ)をねじ止めしてもよかったんですが、DIY感を出すために電気配線用の部材を使いました。

配線が雑な感じがするかもしれませんが、安全上は問題ないように設置してます。

↓使った激安のトリプルコンセント

ついでに、机の前面側にもコンセントを設置。家に余っていた「壁に付けるコンセント」を木ネジで無理やりパソコンデスクに固定しました。

この部分にコンセントがあると、スマホの充電なんかにすごく便利。

最初は3口のものを1個だけ付けていたんですが、USB充電器やACアダプタをつけると隣のコンセントが使えなくなるという問題が発生したので、合計6口にしました。

天板の裏と机の前面に合計9口もコンセントをつけて危ない感じもしますが、大電力の暖房機器は接続しないので大丈夫でしょう。10Aの安全ブレーカーも付けようかとも思いましたが、接続部が多くなって逆に危ない気がしたのでやめました。

棚のねじ止め

コンセントの設置が終わったので棚をねじ止めしようと思ったら、コンセントが邪魔で棚がつけられない。

コンセントを移動させるのは面倒だから、木板を丸ノコで2cmくらいカットしました。追加のニス塗りはだるいのでやってません。

固定は単純に木ネジでねじ止めしただけです。

木が割れてしまうかなぁと心配でしたが、木板がすごく柔らかかったので、下穴を開けなくても割れなかったです。

前面のコンセントが小棚を隠してくれるので外からは見えません。

僕的にはGOODアイディアだと思うんですがいかがでしょう?

ちょっと失敗したなぁと思ったのがコンセントの電線。明らかに邪魔で、棚の1/3くらいが使えません。

VVFケーブルなので固くてあまり動きません。もう、ここまできたら修正不可能なので諦めます。

スイッチングハブを設置

スイッチングハブを借り設置してみました。サイズ感もいい感じ。コンセントも机に備え付けたのでスッキリです。

今のところはハブだけ置いてますが、いずれは外付けHDDも設置しようかなぁと思ってます。

次回のpart5は最終回。実際にパソコン、ディスプレイを綺麗に設置して使い勝手を確認してみます。

このシリーズのpart1は以下からどうぞ。

【DIY】奥行90cm 最強のパソコンデスクを自作する part1
【DIY】奥行90cm 最強のパソコンデスクを自作する part1
僕が現在使っているパソコンデスクはニトリの奥行60cm・横幅140cmのもの。これでもかなり大型の部類の机だとは・・・
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしてくれると嬉しいです

関連記事