【お得なAmazonのタイムセールをチェックしようぜ!】

給油が面倒!灯油タンクが大きいおすすめのファンヒーター、ダイニチ製なら9Lも!

今使っている石油ファンヒーターに不満があります。安くてコンパクトを重視したため、灯油タンクが小さすぎて直ぐに空になってしまいます。

2~3日に一回の頻度で給油する必要があって結構イラっとすることも。あと、パワーも微妙に足りなくて寒い。

なので、大容量の灯油タンクを搭載した上位モデルに買い換えようかと検討中です。

そこで、各社ファンヒーターメーカーのホームページを調査して、灯油タンクが大容量なモデルを調べてまとめてみました。


スポンサーリンク

ダイニチが一番タンクがデカイ

石油ファンヒーターメーカーは以下の4社があります。各社の商品紹介ページを調査してタンク容量をチェックしました。

結果としては、コロナ・トヨトミ・アラジンは最大で7L、ダイニチだけが9Lの大容量モデルを展開。しかもダイニチは8シリーズ中6シリーズで9Lタンクを搭載していました。

ボクが今使っているファンヒーターもダイニチ製で、点火時間が約40秒と凄く速くて気に入っていますし、性能にも不満は一切ないです。

タンク容量を重視するならダイニチで決まりですね。

ちなみに9Lタンクというのはポリタンクの半分の容量が入るということ。現在使っているのが5Lタイプなので2倍までは持たないにしても、給油回数は大幅に減りそうです。

また、9Lタンクなら2回給油でちょうどポリタンクが空になるのもGOODポイントです。

ダイニチの9Lファンヒーターラインナップ

ダイニチのホームページに製品一覧表がありますが、その内青色で囲った製品が9Lタンクを搭載したモデルです。一部のコンパクトモデルを除いて全部9Lタンクなんですね。

基本的に、表の左のモデルほど高級機種なのですが、基本性能は大して差はないです。上位になるほど以下のように機能が追加されていきます。

  • Lタイプ:9Lタンクの最廉価機種。
  • LEタイプ:操作パネルが見やすい(バックライト搭載)
  • SLXタイプ:省エネセンサー(人間を検知)、8段階油量モニター搭載
  • SDXタイプ:デザインがオシャレ
  • SDRタイプ:ターボ機能、タイマー2個設定機能、省エネ機能が向上

ダイニチ製はシンプル構造のため、コロナ製みたいに点火に数分かかるということはありません。どの機種も40秒で点火するので寒い朝でも安心です。

一番安いLタイプがオススメ

あくまでボクの意見ですが、一番安いLタイプで十分かなぁと思います。

バックライトの必要性は感じないし、灯油がカラになってから給油すれば8段階油量モニターも不要です。

9Lの大容量タンクを搭載しながら、2万円以下の価格で購入できてコスパが凄く高いと思います。

デザイン性を重視するなら上位モデル

機能的には一番安いLタイプで十分ですが、デザインがイマイチと感じる方もいるでしょう。

かっこよくてオシャレなファンヒーターが良いのであれば上位モデルになります。特に最上位モデル「SDRタイプ」はかなりカッコイイなぁと思います。

色も赤と白から選べます。

ただ、値段がLタイプの倍近いので、なかなかボクには手が出ません。

SDXタイプのデザインも悪くないです。特に茶色は部屋の色合いを暗めで統一している方などに最適ではないでしょうか?

ボクはLタイプの FW-3616Lを購入予定

ボクはデザインよりも価格を重視して9Lタイプで一番安い「FW-3616L」を購入する予定です。10畳タイプで1.7万円程度と非常に安くて魅力的に感じました。

10畳タイプ
12畳タイプ
15畳タイプ
17畳タイプ
スポンサーリンク
 

コメントを残す