【DIY】素人でも簡単に車の擦り傷を直せたよ!クオリティーは微妙だけど・・・

僕の愛車であるワゴンR君のサイドミラーに傷ができてしまいました。

以前、寝ぼけて壁にぶつかりかけたことがあったので、多分そのときに擦ってしまったんだと思います。

傷の修理代ってどのくらいなのかなぁと思って、カーコンビニ倶楽部のホームページで値段を調べてみると、概算で2.8~3.6万円。思っていたより高い。

愛着もない車なので、数万円の修理代は出したくありません。でも、黒い車に白い傷なのですごく目立ちます。

金はないけど傷は目立たなくしたいので、自分で傷の修理(塗装)をしてみることにしました。

スポンサーリンク

車の色を調べて塗料を買う

車の傷を修理するためには、塗料を買わないといけません。僕のワゴンRは黒色ですが、黒にもいろいろな黒があるので、正確な色を知る必要があります。

車の色はどの車でも車体に刻印されています。場所はエンジンルームの中にあります。

僕のワゴンRはZJ3という色だということがわかります。

色さえわかれば、あとはカー用品店やホームセンター、アマゾンなどで塗料を買えばOKです。

僕は以下のものを購入しました。

ペイントタッチアップペンのZJ3(筆で塗る塗料)

エアータッチ(ペイントタッチアップペンをスプレー塗布するためのスプレー缶)

サンドペーパー(傷を平らにするため)

マスキングテープ(余計なところに塗料をつかなくするため)

塗布前の下準備

いきなり、傷に塗料を塗る訳にはいかないため下準備をしました。

1ヶ月以上洗車していなかったので、洗車機で車をキレイにしてきました。

1000番のサンドペーパーで傷の周りを擦って滑らかにしておきます。

面倒だったので適当にこすりました。

僕の場合はこすりが十分じゃなく仕上がりが汚くなってしまったので、皆さんはちゃんと水を付けてよく研磨した方がいいと思います。

塗装面に油がついていると塗料がうまくつかないので、シリコンオフシートでよく拭きました。

このシリコンオフシートは、購入した「エアータッチ」におまけで付属していたものです。

最後に塗料が余計なところに付着しないようにマスキングしました。

結構適当にマスキングしていますが、今回使ったスプレー塗料は塗布半径が小さいのでこれでも十分でした。

スポンサーリンク

少しずつ塗装する

あとは、エアータッチにペイントタッチアップペンを取り付けて、スプレー塗布するだけです。

複数回に分けて、慎重に塗布しました。

最後に仕上げスプレーを塗布して完成です。

この仕上げスプレーをスプレーすることで凹凸がなくなるらしいのですが、正直なところあまり効果はなかったです。

仕上がりは遠くから見ればわからない程度

仕上がりは写真の通り。遠くから見れば目立ちませんが、近くで見れば傷があるのがわかります。写真で見るとかなり汚く見えますが、現物は写真でみるより目立たないので、僕的には満足です。

ただ、僕のワゴンRはもう古くてボロボロなので、このクオリティーでもいいですが、新しい車や高級車なら業者でキズ修理してもらったほうがいいと思います。

クリア塗装していないため、塗装に光沢感がないですし、傷部分はパテで埋めていないので凹んでいます。どんだけ上手くやっても、素人では完全に傷を消すのは困難に感じました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしてくれると嬉しいです

関連記事