プレゼント企画第2弾募集中!フォローとリツイートのみで応募可能です。21日現在、応募総数36名なので高確率で当選しますよ(笑)

自動車のフロアマット固定用フック・ピンの修理方法 (暴走事故防止)

スポンサーリンク

福岡で起きたタクシーの病院突っ込み事故(3人死亡)の原因が分ってきました。どうやら、自動車のフロアマットが固定されていなかったためにズレてしまって、アクセルペダルに被さり暴走したようです。

僕の車は大丈夫かなぁと思って確認してみると、純正マットを固定するピンが折れてしまっていて、大きくズレていました。

マットがアクセルペダルの部分まで達していて、福岡の事故と同様な暴走を起こす可能性がある状態です。

さすがにヤバイと思って、固定フック(固定ピン)を自分で修理してみることにしました。ディラーで修理してもらっても良いのですが、面倒くさいしお金がもったいないのでDIYです。



スポンサーリンク


市販の修理用マットフックを購入

純正パーツが簡単に手に入ればいいのですが、中々難しいので汎用のマットフックを購入しました。

僕は近所のカー用品店で購入しましたが、全く売れない商品のためか凄くわかりにくい場所に陳列されてました。パッケージが色あせているほどで、長年買い手がいなかったみたいです。

正直、Amazonで買った方が良いかも。だいたい、700円くらいで売ってます。

ただのプラスチック製フックのため、汎用性は高いと思います。

取り付けはネジ3本で固定するだけ

取り付けはすごく簡単。

まずは、フックを取り付ける場所を決めます。

付属のネジ3本で固定すれば完成です。取り付けは5分~10分で終わりました。

ネジはカーペットに絡みつくように固定されるので、カーペットが敷かれている部分ならどこにでも固定できます。

薄いカーペットに固定するので強度が心配でしたが、思っていたより強力に取り付いていて問題なさそうです。フックの裏面にピンが立っているので、ネジ止め部に負荷がかかりにくいように工夫されてました。

マット固定フックが壊れている方は今すぐ修理を!

実際にマットを取り付けた状態です。

マットが床に固定されていてほとんど動かなくなりました。これで、マットがずれてアクセルにかぶさって暴走するという事故は防げると思います。

このパーツはよくぶっ壊れる部品のようで、ディーラーでも直ぐに修理してくれるそうですが、ボクみたいに市販の修理用フックを使って自分で直せば安上がりです。

福岡の病院突っ込み事故のような悲劇を起こさないためにも、もし自分の車のフロアマット固定フックが壊れている場合はすぐに修理してください。

スポンサーリンク