簡単にオーストラリア産牛肉の臭みを消す方法

s-0034

オーストラリア産牛肉って臭みが強くてマズいと思っている人も多いと思います。僕もあの独特の風味は苦手です。

オージービーフがくさい理由は品質が悪いのではなくて餌の問題です。国産やアメリカ産は穀物を食べて育ちますが、オーストラリア産は牧草で育ちます。牧草を食べて育った牛は一般的に臭いのです。

でも、ちょっとした工夫でオージービーフの臭いを消すことができます。その方法を伝授しましょう。

(ビーフステーキの場合です。すき焼きやしゃぶしゃぶなど味の薄い料理にはオーストラリア産牛肉はオススメできません。)

スポンサーリンク

こしょうを大量にかけるだけで臭いが消える

s-0046

どうやったら、オーストラリア産牛肉の臭みを消せるのか?方法は簡単です。黒胡椒(ブラックペッパー)を大量にかけるんです。香辛料のかおりで臭みを消してしまいます。

たったそれだけ?って思うかもしれませんが、これがかなり効果的です。

他にも「牛乳つける」「お酒につける」「ワインにつける」「ハーブにつける」などの方法もありますが、僕が試した限りでは漬けた材料の味が付いてしまってあまり美味しくありませんでした。胡椒が簡単で美味しく仕上がります。

コツが1つだけあって、大量にかけることが重要です。かけ過ぎじゃないかと思うくらい胡椒を振りましょう。もちろん、両面タップリです。

使用するブラックペッパーは胡椒単体の物にしてください。塩胡椒タイプだと塩っぱくなりすぎます。

下味の塩も少量振りかけておきます。

s-0050

あとは高温に熱した(煙が出るくらい)フライパンでこんがり焼きます。

注意点:牛肉は必ず常温に戻しておいてください。冷たいと生焼けになります。

s-0052

焼き時間は好みですが、薄めの牛肉の場合は片面1分くらい。分厚い牛肉の場合は数分ずつ焼きます。

s-0054

しっかりとした焦げ目をつけるのも臭みを消すポイントです。

s-0056

僕の経験上ですが、家庭でステーキを焼く場合はレアすぎると美味しくないです。ほんのり赤い程度が目安。

もし、焼きが足りない場合や中が冷たい場合は電子レンジで30秒~1分くらいチンするといいでしょう。

まったく臭みを感じない

s-0036

実際に出来上がったステーキですが、本当にオーストラリア産特有の臭みを全く感じません。

大量に胡椒をかけていますが、胡椒くさすぎるということはないです。味はすごくおいしいです。ちょっとスパイシーですが、それまた旨い。

ソース無しでも十分食べられます。

s-0037

もちろん、お好みのステーキソースをかけても大丈夫。僕は和風の大根おろしソースがオススメかな。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

関連コンテンツ