電気ケトルは安物で十分なのか?ドリテック製の激安ケトルを試してみた!

s-pa300077

電気ケトルって、国内有名メーカー品だと6000円以上したりしますが、聞いたことない無名ブランド品だと2000円くらいで売っていたりします。

正直なところ、電気ケトルなんてただの電熱器なわけで、性能差がそれほどあるとは思えない。お湯さえ沸けばどれでもいいってのが本音。

なので、今回はケチってホームセンター「カインズ」オリジナルの電気ケトルを1980円で買ってきました。電気ケトルは安物でも十分なのか?使い勝手や性能をチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

tricot amadana 電子ケトル CZ-100

s-pa300065

今回買ってきた安物の電気ケトルは「tricot amadana 電子ケトル CZ-100 」という製品です。カインズオリジナル製品で価格は1980円でした。

サイズとしては、少し大きめの1.2Lタイプ。

ドリテックという会社が輸入販売元です。このメーカーのケトルはAmazonなどで低価格で売られています

シンプルデザインだけど、安っぽいな

s-pa300069

開封してみると・・・

シンプルなデザインで悪くないと思います。よく見ると、プラスチック感丸出しで安っぽいけど、まぁ値段を考えれば納得の行く範囲内ではある。

安い割には頑張っていると思う。

s-pa300070

電極部分の構造は一般的。

保温機能はないし、安全装置も最低限

s-pa300079

国内メーカー品だと水を入れる部分全体が金属製で保温できる構造(魔法瓶)だったりしますが、この製品は保温不可。沸かしたらすぐ使わないと冷めちゃいます。

僕の場合は1人分のコーヒーを沸かすのに使うのでこれで十分ですが、大量にお湯を沸かして少しずつ使いたい人には不向きですね。

s-pa300077

フタ部分もシンプルな構造で、国内メーカー製では一般的なお湯がこぼれない用にするロック機能はありません。なので、水が沸騰すると注ぎ口から熱々の蒸気が大量にでてくるし、倒すとお湯がこぼれます。

国内メーカー品に比べて安全製は劣りますが、子供がいない家庭ならこれでも十分じゃないかと思う。

お湯が沸くのが遅い

s-pa300076

実際に使ってみると、お湯が沸くのが少し遅いなぁと感じました。コーヒー1杯分を沸かすのに数分かかっている感じ。

昔使っていたティファールのケトルより明らかに遅いかも。

s-pa300067

説明書を見てみると、140ml沸かすのに90秒(3分)かかると書いてありました。ティファールのものだと約1分、高級な国内メーカー品だと45秒という製品もあるので、パワーはかなり劣る感じ。

消費電力が900Wしかないのが原因ですね。高級品は1400W近くあるから遅いのは当然。

ただ、僕の場合は逆に好都合だったりします。

何故かと言うと僕のアパートのブレーカーって20Aしかないからです。1400W品だと他の電化製品の使用状況によってはブレーカーが落ちる可能性があり使い勝手が悪いです。遅いけど900Wくらいのがありがたいですね。

まとめ

s-pa300078

安物の電気ケトルの性能は値段相応。高級機種に比べて以下が劣ってました。

  • 保温機能がない(魔法瓶ではない)
  • お湯のロック機能がない(安全性が低い)
  • お湯が沸くのが遅い

安物と高級機種のどっちが良いかは人それぞれではないでしょうか。上記の機能が必要なら高級機を買えばいいし、お湯さえ沸けばいいというなら低価格な電気ケトルでも十分です。

僕としては、今回買った1980円の安物電気ケトルで満足してます。コーヒーやカップ麺のお湯沸かすだけだからこれで十分かな。

ちなみに僕が買ったケトルはドリテックというメーカーの製品(カインズのオリジナルモデル)。似たような製品がAmazonで安く売っているので欲しい方は以下からどうぞ。

スポンサーリンク
電気ケトルは安物で十分なのか?ドリテック製の激安ケトルを試してみた!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ