MacBookの左側からHDMI出力する方法!(cyberplugs)mini Displayport – HDMI変換アダプタレビュー

マイン

私が愛用しているノートPCはWindows8.1をインストールしたMacBook Pro Retinaです。正直、不満だらけで返品したいくらいなんですが、少しでもマシに使えるように周辺機器を買いそろえています。

MacBook Proをテレビに接続したい

s-IMG_3382

で、今回の話題はMacBook Proを外部ディスプレイ(TV)に接続する方法です。普通は左側についているHDMI端子を使えば簡単にできます。

でも、HDMI端子が右側

s-IMG_3381

ですが写真を見ていただくと分かる通りHDMI端子が右側なんですよ。充電端子とイヤホン端子が左でHDMIが右。見た目が悪いので両側から線を出したくありません。と言うか、マウスを動かす範囲に線が出ていると非常に邪魔です。

左にThunderbolt端子がある

s-IMG_3336

どうやったら、左からディスプレイ出力することができるか。

方法は2つあります。

  • USBから画面出力するアダプタを使う
  • Thunderbolt端子から画面出力する

USB接続タイプだと、1万円近くするしドライバなどのソフトウェアのインストールが必要で不便です。性能が低くて動画再生がもたつく可能性もあります。

一方でThunderbolt端子は、DisplayPortとしても使える端子です。と言うか、MINI DisplayPortと同じ形をしています。新しいディスプレイならDisplayPortに対応していてケーブルを用意すれば容易に接続可能です。でも、私はテレビに接続して大画面で動画を見たいんです。テレビに DisplayPortなんて付いていなくてHDMI接続が必要です。

つまり、MINI DisplayPort ⇒ HDMI に変換する必要があります。

cyberplugs社のmini Displayport – HDMI変換アダプタ

MacBook Pro RetinaのThunderbolt端子はmini Displayport – HDMI変換アダプタの使用に対応しています。

変換アダプタさえ買えば、左側からHDMI出力ができるようになります。

今回は、Amazonで680円と言う激安で売っていたcyberplugs社の変換アダプタを買ってみました。

外観チェック

s-IMG_3339

既に開封して1か月ぐらい使用しています。梱包は簡易的なもので、ビニール袋に入っているだけでした。

長さは20cm位です。

s-IMG_3340

太い方はHDMIを接続する側。

s-IMG_3341

小さい方はmini Displayportになっています。

使い方

s-IMG_3343

使い方は簡単で、変換アダプタにHDMIケーブルを接続する。

s-IMG_3348

mini Displayport側をマックブックのThunderbolt端子に接続するだけです。

特にドライバとかのインストールは必要ありません。普通にHDMIを接続したときと同じ方法で画面出力できます。

s-IMG_3350

ちゃんと、テレビに出力できました。

もちろんフルHDで出力できますので非常にきれいです。

まとめ

一般的に2000円くらいする変換ケーブルですが、これは700円以下で買えます。安すぎて品質が心配でしたが、ちゃんとフルHDで出力できていますし、画質も普通にきれいです。

デザインもシンプルでマックブックとの相性抜群です。

ただ、標準で左側からHDMI出力できますので、普通は買わなくていいと思います。

私みたいに左側から外部出力したい方は安いのでぜひ買ってみてください。

今回紹介した商品はアマゾンで買えます

mini Displayport – HDMI変換アダプタ

お仕事で使用する方はVGA出力への変換アダプタもおススメ

スポンサーリンク
MacBookの左側からHDMI出力する方法!(cyberplugs)mini Displayport – HDMI変換アダプタレビュー
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク