3年ぶりに復活した「テキサスバーガー」を食べてみた!45周年記念だってさ

s-pa080031

日本マクドナル45周年を記念して、「テキサスバーガー」が期間限定で復活。

2010年にビックアメリカシリーズの一つとして登場した商品で、野菜を一切使用していない肉々しいアメリカンなバーガーです。2013年にも再販されているので今回で三度目の登場とのこと。

記憶が曖昧ですが、確か僕がまだマクドナルドでバイトしていたころに登場したと思うので作ったことがあると思います。

上段にのっているフライドオニオン「なにこれ?しょぼくない?」って思った記憶がある。

スポンサーリンク

紙袋が変わっていた

s-pa080026
s-pa080027

すごく細かいところだけど、紙袋が新しくなっていました。少しおしゃれな感じに進化。

僕がバイトしていた時にも白色の紙袋から茶色に変わったんだよね。たしか、白だと環境に悪いイメージがあるから自然っぽい茶色にしたんじゃなかったっけ?

しかも、その時に環境保護のためとかいって(たぶんコスト削減だけど)ビニール袋が事実上廃止。

2袋までは手持ち袋に入れないことになったから、当然だけど何回か客にキレられた。嫌なこと思い出してしまったわ。

箱入りでフレッシュな野菜なし、2段バンズ

s-pa080028

ハンバーガーのパッケージは箱でした。

僕は箱はあまり好きではないんですよね。食べにくいから、普通の紙のが良い。

s-pa080029

ちゃんと、パッケージに45周年をPRすることも忘れていません。

s-pa080030

s-pa080031

箱を開けて取り出してみる。

見た目は商品写真のようなフワッとした感じはなくてぺちゃんこ。ショボい。

いつものことだけど、パッケージ詐欺にあった気分。

s-pa080032

s-pa080033

2段バンズが使われていて、上段にはベーコン2枚とオニオン、バーベキューソース。ビックマックのバンズは胡麻がのってるけど、このバンズはないから特注バンズなのかな?

最近、ベーコンが新しくなって分厚くなったけど、僕は以前のペラペラでチープなベーコンの方が好きでした。新型は燻製感が強くて塩気が弱いんだよな。

s-pa080034

下段はクオーターパウンダー用のビーフパティ。113gもある大型なもので、100パーセントビーフ。繋ぎや調味料も使っていないそうです。

表面にある胡椒は焼いた時にふりかけたものです。

s-pa080035

肉の下には、いつものチーズとマスタードソースとなっていました。

フレッシュなレタスやキャベツななどの野菜はなし。まさにアメリカンなバーガーですね。

ソースも2種類使っているし、具材の種類も多いから、作る側としては結構面倒そうだなとも思いました。

お味は1回食べればもういいかな?

s-pa080036

食べてみました。

味はバーベキューソースっぽい味で、大型のビーフパティーを使用しているため「肉」を食っている感が強いですね。

マスタードソースは甘めですが、酸味がいいアクセントとなっていました。

ただ、また食べたい味かと言われると微妙かな。「あ!これ凄いうまい!!」って感じはなくて、こんなもんじゃねーくらいの美味しさなんで何回も再販するほどの物ではないと思う。

「てりたま」とかはまた食べたいと思うけど・・・。

ちなみに10月5日から期間限定で販売されていて、Mセットで790円、単品が490円です。高けーよ。

45周年記念第2段の「ベーコンポテトパイ」は10月12日からの登場予定となってます。

スポンサーリンク
3年ぶりに復活した「テキサスバーガー」を食べてみた!45周年記念だってさ
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
関連コンテンツ