一番人気の格安SIMは楽天モバイル、2位はmineo、3位はOCN (音声通話プラン)

Acer Liquid Z200 Android 4.4 / AndroidデュアルSIM&SIMロックフリー / 4inch ディスプレイ / RAM 512MB / ROM 4GB

MMDLaboが運営するMMD研究所から「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」が発表され、その中で音声SIM部門において楽天モバイルがNo1シェアとなっているそうです。格安SIM、最も利用されているのは?という記事になっていました。

音声通話プラン契約者が利用している格安SIMサービスは、楽天モバイルが最も高く27.8%、次いでmineoが10.0%、OCNモバイルONEが9.4%となった。

一方、データ通信プラン契約者が利用している格安SIMサービスは、OCNモバイルONE が最も高く 18.3%、楽天モバイルが12.3%、IIJmio が10.3%で続いた。

9月26日~10月3日、15歳~69歳の男女3万5,161人を対象にインターネットで調査したそうです。

格安SIMはサービスが乱立していますが、楽天モバイルが27.8%の圧倒的シェアとなっています。

ベスト3は以下のとおり。

  1. 楽天モバイル
  2. mineo
  3. OCNモバイル

音声通話プランは大手携帯電話会社から乗り換える人がほとんどだと思いますので、知名度が高く無難な楽天モバイルが選ばれたのでしょうか。

スマホ端末とのセットでの販売にも力を入れているから、詳しくない人でも契約しやすいのかもしれません。

楽天カードを持っているとポイントが+1倍になる制度もありますから、セットで契約している人も多そうです。

スポンサーリンク

データ通信プランはOCNが1位

OCN モバイル ONE データ通信専用SIMカード 月額972円(税込)~(マイクロSIM)

一方で、データ通信プランではOCNがNo1となっています。

音声通話SIMと違い2台持ち用途に使われることが多く、比較的スマホに詳しい人の利用が多いから知名度だけで選ばれることはないのかもしれませんね。

格安SIM利用者は14.7%に

格安SIMのシェアは14.7%とのこと。思ったより高くないなと感じました。

格安SIMサービスの利用について聞いたところ、利用していると回答した人は 14.7%だった。格安SIMを利用していると回答した人を対象に、メインで利用している格安SIMサービスを聞いたところ、利用率が最も高かったのは「楽天モバイル」で 20.7%、次いで「OCNモバイルONE」が13.5%、「IIJmio」が9.2%で続いた。

徐々に浸透してきてはいるものの、まだ大手携帯電話会社が強いんですね。iPhoneを使っている人は格安SIMには乗り換えにくいのが原因かなと思う。

iPhoneのSIMフリー端末は10万円前後するから、格安SIMで運用するのはちょっと無理があります。

僕は、Androidでもいいなら絶対に格安SIMにすべきだと思う。通信速度も十分だし、何よりも圧倒的に安い。電話をあまり使わなければ、月2000円で利用できるので、絶対に乗り換えるべき。

ちなみに僕はIIJmioの音声プランを使ってます。

スポンサーリンク
一番人気の格安SIMは楽天モバイル、2位はmineo、3位はOCN (音声通話プラン)
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ