4万円以下の24インチ4Kディスプレイが登場!しかもIPS液晶で非光沢だから欲しいよな?

LG 24UD58-B ディスプレイ・モニター 4K 23.8インチ/IPS 非光沢/ブラック/HDCP2.2対応/HDMI2.0×2

パソコン用4Kモニターに興味はあるものの7万円近い価格がネックで手が出ませんでした。

でも、LGから遂に安価な4K液晶ディスプレイ「LG 24UD58-B」が登場です!

23.8インチの4Kディスプレイが4万円以下。しかも、IPS液晶で非光沢だから凄く魅力的。ぜひともGETしたい。

スポンサーリンク

性能は?

基本スペックは

  • 4K(3840×2160)
  • IPS液晶(水平方向178°、垂直方向178°)
  • AMD FreeSync™ テクノロジー搭載
  • 非光沢
  • 10bitカラー(HDMI Ultra HD Deep Colorをサポート)
  • ブルーライト低減モード搭載
  • HDMI×2 DisplayPort×1
  • HDMI2.0対応(HDMIで4K入力可能)

となっています。

4万円以下の低価格ディスプレイですが、高画質なIPS液晶なのはポイント。非光沢だから照明の光が反射しにくいのも高ポイントですね。

電源内蔵は好印象!

s-cb_0101

液晶ディスプレイの多くがACアダプターですが、この「LG 24UD58-B」は電源内蔵。

細かいポイントですが、邪魔なACアダプターが必要が無いのは好印象です。こういった細かいところが結構重要だったりします。

スピーカーがないのは残念

スピーカーが内蔵されていません。音が悪くてもいいから付けてほしかったですね。

ゲーム機をつなぐときにあると便利なんだけどな。

音声OUTは付いているから、好きなスピーカーをつければいいだけではありますが・・・

ビデオカードに注意!

s-cb_0103

4K表示するためにはビデオカードに注意が必要です。

内蔵グラフィックでもintel HD Graphics4600以降であれば4K出力可能ですがHDMIでは30Hzが上限で表示がカクカクになることがあります。内蔵グラフィックで4K出力する場合はDisplayPortが付いているマザボードを選ぶようにしましょう。

外付けのグラフィックカードを使う場合は最近のものであれば4K出力可能です。4K30Hzではカクカクなので4K60Hz出力できることを確認してください。

ライバルメーカーからも低価格4Kモニターの登場が期待される

今回、LGが4万円以下の廉価な4Kモニターが登場したことでライバルからも同様の安価機の発売が期待されます。4Kモニターが盛り上がってくると面白いかもしれませんね。

ITメディアで税込み3万5000円で23.8型4K表示の高画素密度ディスプレイが登場!という記事になっていました。

「高画素の4Kディスプレイがここまで低価格で登場したということは、LG電子を先頭にライバル各社もこの仕様でどんどん投入してくる腹づもりかもしれません。

3万円台の4Kディスプレイが24型前後で多数出てくれば主流を形成してもおかしくない。すると、ユーザー側もアプリごとにズームして使うのが当たり前になるでしょう」と話していた。今後のディスプレイトレンドに要注目だ。

一方で、表示が細かすぎるという指摘もあるようですね。

展示機を前に「俺にはちょっと使い込ませないわ……」とつぶやくユーザーもいた。

確かに、24インチクラスの液晶だと、フルHDがちょうどいい。それ以上だと細かすぎて見にくいという意見もごもっともです。

ただし、調整しだいなところはあります。Windowsの設定で文字を大きくしれやればいい。一部ソフトが対応していなくて表示がおかしくなる場合がありますが、今後高画素モニターが普及すれば状況は改善していくのではないでしょうか。

スポンサーリンク
4万円以下の24インチ4Kディスプレイが登場!しかもIPS液晶で非光沢だから欲しいよな?
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ