【レビュー】買って後悔!2万円以下の中華製プロジェクターCrenova XPE650を試してみた!

s-p9100141

大画面で映画やアニメが見たい!って思って、中華製の安いプロジェクターを買ってみました。

購入したのはハイビジョン対応のCrenova  XPE650という機種でAmazonで2万円でした。有名メーカー品のハイビジョン対応プロジェクターが4~5万円するから約半値という激安価格ですよね。

性能的には3000ルーメン(公称値で実際はそんなに明るくないと思う)、1280*768の高解像度に対応した製品です。

スポンサーリンク

開封の儀

s-p9100142

正直言って箱からして怪しい製品でした。メーカー名や製品名が一切書いていない段ボール箱に入っていて、端に意味ありげな手書きの識別シールも貼ってありました。

s-p9100143

Crenova XPE650という型式で売られていた製品ですが、箱に貼ってあったシールには「Crenova HT60」と書いてあった・・・正直意味不明です。

s-p9100144

怪しい感じがプンプンしていて心配になってきたんですが、開封してみると梱包はしっかりしていました。

s-p9100151

本体はこんな感じで結構デカくて重いですね。見た目はプラスチッキーっでかなり安っぽい見た目でした。高級感は全くなくておもちゃみたいなので、目立つところに置きたくない感じ。

s-p9100148

背面にはねじ穴などは開いていないので天井に吊り下げて使いたい人は工夫が必要です。

s-p9100150

高さ調整できる足。

s-cb_0188

高さ調整の足の先のゴムはシールで貼ってあるだけなので、ねじを回すと簡単に剝がれてしまった。

全く使えないポンコツ設計で、なんだよこれって思った。

入力端子類

s-p9100152

入力端子は必要十分でした。

  • HDMI × 2個
  • VGA × 1個
  • 赤白黄のアナログ入力
  • USB端子(動画などを直接再生ができるらしい)
  • 音声出力

操作パネル

s-p9100154

本体上面には操作ボタンが付いています。凄く使いにくいのでリモコンを使った方がいいです。

HDMIケーブルが付属していたが品質は最悪!

s-p9100145

安物の割に付属品は豊富でした。特にHDMIが付属しているのは少しうれしいなぁ。

でも、使って分かったんですが、このHDMIケーブルは品質が最悪。映像が途絶えることが多々ありました。別途用意した方がいいです。

まぁ、どうせ短すぎて使いにくかったから別にいいけどね。

日本国内の法律に準拠していない可能性

s-p9100146

型式銘版を見てみると、メーカー名や型式すら書いてありませんでした。本当に怪しい感じがプンプンしてすごく怖い。

しかも、日本で売る場合は電安法に準拠した検査等をした上でPSEマークの表記が必須だと思いますが、そんなのどこにもありません。

多分、電安法違反だと思います。大手メーカーがこんなことやったら製品回収騒ぎですよ。

ちなみに、付属の低品質な電源コードにもPSEマークがない。

白い壁に写してみた

s-p9110169

壁に写せるように家具の配置換えを実施。部屋が汚いのはご勘弁を。

s-p9110166

大体、100インチくらいで写しています。

最大の光量に設定してありますが、あまり明るくない印象です。

会社で使っているプロジェクターのが圧倒的に明るいから公称値の3000ルーメンもないですね。

そもそもLED光源で3000ルーメンという明るさはありえなない数値だから!数値は嘘っぱちだなって思った。

部屋を暗くしたら凄く綺麗に映りました!

s-p9110161

s-p9110158

部屋を暗くしたらまぶしいくらい明るくて鮮やかに写りました。

部屋の壁一面に映像が写されると、まるで映画館みたいでスゲーって思った。

品質が怪しい感じだったので画質が心配でしたが、全然問題ない感じ。十分綺麗だなぁと感じました。

ドット抜けがあったのが残念

s-p9110155

これは仕方がないのかもしれませんが、1個だけドット抜けがありました。大画面で写すと1ドット当たりが大きいから結構目立ちます。

結構気になってしまったから凄く残念です。

速い動きのシーンは全然ダメ

致命的な欠点かもしれませんが、動きが早いシーンだと画面が歪みます。

明らかに画面の書き換えスピードが追い付いていなくてノイズみたいになってしまうんですよね。

そんなに早くないシーンでも症状がでるので、ちょっとなぁって感じです。

ズーム機能がない

この機種は単焦点レンズなので、有名メーカー製のように画面サイズの調整ができません。

だから、画面サイズは投影距離で調整する必要があります。微調整ができないのは結構キツイなぁと思いました。

ズーム機能は必須ですね。

台形補正が少ししかできない

一応、縦方向の台形補正機能が付いているんですが、±12°までしかできません。だから、設置高さによっては調整しきれずに画面が歪んでしまいました。

しかも、台形補正すると上下でピントが合わなくなるので、できる限り正面に設置する必要がありますね。

ズームもできなし台形補正も微妙だから、結構設置には苦労しますよ。

ファンの音がうるさい

これは致命的。冷却ファンの音が凄くうるさい。

常に最大速度でファンが回っているのでブーンって音がかなり大きいです。イヤホンしていても聞こえるくらいで、静かな夜に使うのはためらうくらいでした。

あまりにもうるさいからスピーカーで音を出すのは現実的ではない。イヤホンやヘッドホンを使う必要がありました。

【まとめ】買って後悔しています

画質は結構綺麗なものの、動きが速いシーンでは画面が歪んでしまいます。これは結構致命的でかなり気になりました。

また、設置も難しいです。台形補正するとピントが甘くなりますしズーム機能がないため画面の大きさの微調整ができません。設置条件はかなり厳しいです。

ファンの音も我慢しがたいくらいうるさい・・・買わなければ良かったと後悔しています。

ケチらずにBenQなどの有名メーカーのプロジェクター買えばよかった・・・。

スポンサーリンク
【レビュー】買って後悔!2万円以下の中華製プロジェクターCrenova  XPE650を試してみた!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ