【予算10万円】賃貸アパート 1人暮らしのホームシアター 機材選び編 (その1)

ELEGIANT UC46 1080P HD Wi-Fi無線接続 ミニポータブルホームプロジェクター1080P HDプロジェクターWiFi接続機能搭載 ミニ 家庭用 1080P】物理解像度800*480

貧乏人で賃貸アパート一人暮らしの僕がホームシアターを構築しようと決意しました。

なぜかというと、昔から映画やドラマを見るのが大好きで、いつかは大画面のホームシアターが欲しいとずっと思っていたからです。

最近はプロジェクターやスクリーンなどの価格下落によって比較的低予算でホームシアターが実現できます。なので、子供のころの夢を叶えるべく、予算10万円でホームシアターに必要な機材を探してみました。

メモ代わりにまとめてみたので、同様の夢をお持ちの方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

一人暮らしのホームシアター機材選び

機材選定の前提条件

  1. 予算は10万円以内(できるだけ安く抑える)
  2. 6畳の部屋に設置する
  3. 賃貸なのでプロジェクターやスクリーンを壁や天井にねじ止めするのは不可
  4. ボロアパートなので大音量は無理 → ヘッドホン活用

最低限必要なもの

ホームシアターに最低限以下のものが必要。

  1. プロジェクター
  2. スクリーン
  3. スピーカー
  4. DVD・BDプレイヤー
  5. プロジェクターを設置するための棚

もっとも重要なのはプロジェクターだと思います。ここだけはケチらないようにします。

1.プロジェクター BenQ TH670(フルHD対応)

せっかく買うならフルハイビジョン対応のプロジェクターがほしいなぁと思って、探した中で一番安いモデルがBenQ TH670にしました。

相場だと、ハーフHDが6万円前後、フルHDが8万円以上なのですが、BenQ TH670はフルHD対応なのに6万円弱と圧倒的に安い。

性能的には3000ルーメンとすごく明るいので部屋を完全に真っ暗にしなくても視聴できると思います。

Amazon.co.jpのレビュー評価がイマイチだったのが気になりましたが、米国のAmazonの評価は非常に高いので、たまたま日本のAmazonの評価が低いだけと判断しました。

注意としては、台形補正が縦しか対応していません。スクリーンの真正面にプロジェクターを設置する必要があるので、高級機種に比べれば設置自由度は低いです。

投影距離は16:9のアスペクト比で

  • 60型:約1.98-2.40m
  • 80型:約2.65-3.20m
  • 100型:約3.31-4.00m
  • 120型:約3.97-4.80m

僕は3.7mくらいの位置にプロジェクターを設置するので100インチのスクリーンが必要ですね。

2.スクリーン 100インチ(4:3)スタンド式

賃貸のためスクリーンを壁に固定できないため、三脚スタンドタイプを選びました。4:3で100インチ、約1万円はコスパ良いですよね。

本来なら16:9のスクリーンがほしかったのですが、安いものがなかったため4:3で妥協です。業務用途だと今でも4:3が主流だから、数が出る4:3のが安いんだと思います。

ちなみに16:9で投影すると、90~95インチくらいのサイズになります。横幅は2m!

3.スピーカー

プロジェクター本体に10Wのモノラルスピーカーがついているので、音を出す場合はそれを使う予定です。賃貸アパートだからあまり大きい音は出せないからです。

基本的にはイヤホンorヘッドホンを使って視聴しようかと思っています。絡まりにくい極太の延長コードだけ買う予定です。

4.ブルーレイプレイヤーなど

ブルーレイプレイヤーはLGの安物を持っているので不要。

あとはノートパソコンをつなげてyoutubeやAmazonビデオ、Dアニメなどを視聴する予定。

5.プロジェクターを設置する台

なんでもいいと思うんですが、僕は押入れの中から投影しようかと思っています。使う時だけ押入れを開く、そんな感じを想定。

プロジェクターとスクリーンとイヤホンのケーブルを買うと・・・83000円前後。予算内。

スポンサーリンク
【予算10万円】賃貸アパート 1人暮らしのホームシアター 機材選び編 (その1)
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ