東プレ製キーボード「REALFORCE」のキートップを青色に交換してみた!

s-p908012-222

愛用のパソコン用キーボード「REALFORCE 108UBK」のキートップを黒から青色に変更してみました。

変更した理由は気分転換ってこともあるけど、一番の理由はキー表面の印刷が消えかかっていてボロボロになっていたからです。2万円前後もする高級なキーボードなので長く使いたいから、キートップだけ新調することにしました。

【関連記事】東プレ製キーボードREALFORCE 108UBKを購入!超高いけど予想以上の使い心地の良さにビックリです

s-p9080126

僕が買ったキートップは純正の「Realforce日本語配列108キー用カラーキートップ 昇華印刷 スカイブルー SA0100-KT2」です。東プレ純正なのでMade in Japanです。

なんとなく青を選んでみましたが、色は5色展開です。

  • オレンジ

本当は黄色が良かったんだけど、Amazonに在庫がなかったから青で妥協しました。

s-p9080115

開封してみると、キー配列通りに梱包されていて、取り付けが面倒ってこともなさそうですね。

このキートップは昇華印刷タイプでキーの刻印が非常に消えにくいのが特徴です。

僕が使っているREALFORCE 108UBKのキーはレーザー印刷で1年くらい使い込んだらよく使うキーの印刷が剥げてしまったけど、昇華印刷なら樹脂にインクをしみこませているため、もう少し耐久性が高いと思います。

スポンサーリンク

キーの交換

s-p9080116

キーの交換は簡単です。ドライバーなどでキートップを引っこ抜きます。108キーもあるから結構面倒。

できれば、以下のようなキートップはずしの工具を使うと製品をぶっ壊すリスクが減るので、使用することをお勧めします。特に大きいキーはドライバーだと外すのが難しいから。

s-p9080117

キーを全部外したら、あとはパチパチとはめ込んでいくだけです。順番通りに梱包されているので、そんなに大変ではなかったです。

キーがビニール袋などに適当に梱包されていたら、相当大変だったと思う。

青でも結構悪くない

s-p9080122

キートップが青で大丈夫かなと思っていましたが、結構かっこよかったです。写真だと少し薄い青に見えますが、実際のキーはもう少し鮮やかな紫っぽいキーで黒との相性も良かったです。

s-p9080123

s-p9080125

昇華印刷の刻印はくっきりしていて見やすくてGOOD。

本当は仮名印刷がない方がすっきりしていてカッコいいと思うんだけど、仮名印刷ありしか売ってないんだよな。

値段がクソ高いのが欠点だけど、新品みたいで良い

s-p9080124

キートップを交換したことで、まるで新品のキーボードみたいに蘇りました。青も結構しっくりきていて気に入ってます。

できれば、今後もキートップを定期的に交換したいなぁと思っているんだけど、値段が高すぎて無理そうです。ただのプラスチック部品の癖に9000円くらいするんだよな。

キーボード本体が2万円くらいで買えるのに、交換用キートップが9000円ってコスパ悪いよね・・・・。3000円くらいにしてくると年1回くらいの頻度で交換できるんだけどなぁと思った。

スポンサーリンク
東プレ製キーボード「REALFORCE」のキートップを青色に交換してみた!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ