【sd Quattro】買わなければよかったと後悔している6つの理由

s-P7110004

ここ最近の大失敗な買い物No1はシグマのミラーレス一眼カメラ「sd Quattro」です。圧倒的に買わなければよかったと後悔しています。

超解像感を売りに本体単体で7万円前後とめっちゃ安い値段で販売されたこともあり、勢いで買ってしまったんですが、本当に買わなければよかった・・・。

なぜ、買わなければよかったと思っているのか、6つの理由を考えましたので、購入を検討している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

1.オートフォーカスの遅さ

快適に使う上で、オートフォーカスの速さは超重要だと思い知らされました。正直言って、sd Quattroのオートフォーカスはゴミです。コンデジ以下。

最近の一眼カメラって、ほぼ一瞬でピントが合うのが普通ですが、こいつの場合、数秒かかるわけですよ。

しかも、ある程度ピントがあっているような状態からもう一回ピントを調整する場合も同じように数秒かかるんです。

さくさく撮影できず、本当にイライラしますね。

【sd QuattroのAF】精度は十分だが速度は激遅(レビューその4)
今回はsd Quattroレビューシリーズの最終回。 皆さんが気になっていると思うオートフォーカススピードや精度について書きたいと思い

2.JPEG撮って出し時の高感度の弱さ

ISO800でJPEG撮って出しでこのレベル。

JPEGで撮影する場合はISO200が限界で、それ以上になるとグリーンノイズが大量に出てしまいます。

ISO感度をあげると解像感も失われてしまいます。もちろん、PCで現像すればかなり良くなるんですけどね(RAWだとISO800くらいまでは使えそう)。

今時、ISO200までしか使えないデジカメは超不便です。特に室内での撮影は厳しくて、シャッタースピードを極端に遅くする必要があって、ピンぼけ気味になってしまう。

せっかくの解像感を活かせません。

変態カメラ「sd Quattro」:高感度性能チェック、ISO200までが許容範囲(レビューその3)
sd Quattroレビューその3は高感度特性のチェック。 高感度に凄く弱いと言われるsd Quattro、どの程度のISO感
変態カメラ「sd Quattro」:JPEG撮って出しとRAW現像比較!RAW現像するとグリーンノイズがなくなる!(レビューその4)
高感度に凄く弱いsd Quattro。前回のレビュー記事で、JPEGだとISO200までが画質が劣化せずに使える範囲で、ISO800位までな

3.JPEG撮って出し時のグリーンノイズ

JPEG撮って出しで撮影するとISO100でもグリーンノイズが目立ちます。

PORTERロゴの線が若干緑になってますよね。これがグリーンノイズ。PCで現像すればでないので、カメラ本体での現像時の問題です。

被写体によっては、拡大しなくても全体的に緑っぽくなっている場合もあるので、致命的な問題です。アップデートで改善してくれないと使えねーよ。

sd QuattroはRAW専用という意見もあるかもしれないけど、やっぱりJPEGで綺麗に撮影できないと運用上凄く不便ですね。

特に僕みたいなブログ用カメラとして使っている場合はRAWなんて使わないからな。

4.本当に高画質・高解像度なのか疑問だ

圧倒的な解像感と高画質を売りにしているsd Quattroですが、本当に高画質なんだろうか。

普通に使っている分には、僕がメインに使っているオリンパスのミラーレス一眼OMD-EM5 2と大して画質に差が無い様に感じるんですよ。

厳密に比べているわけではないですけど、普通に撮影して鑑賞している分には、オリンパスの方が綺麗に見える場合さえある。

拡大すれば、sd Quattroの方が解像感がある気がするけど、あくまで気がする程度の差でしかなくて、大差があるとは思えないんです。

Foveonセンサーだから高解像度だと思い込んでいるだけだと思う。

5.握りにくいデザイン

グリップ握りにくいです。デカすぎるというかシックリこないんです。シャッターボタンも水平すぎて押しづらいし、設定ダイヤルのクリクリ感もイマイチ。

使いやすさ重視でこんな変なデザインにしたんだろうと思っていたんですけど、従来の一眼レフスタイルの方が使いやすいです。

6.EVFがポンコツ

EVFがポンコツです。本当に画質が悪い。

何年前のカメラですか?ってくらいに解像感が低くて、ガタガタに見えるんです。

解像感にはピントを正確に合わせるのが必要ですが、EVFがポンコツ過ぎてピントがあっているかどうかすらよくわからないですね。

最後に

個人的にはsd Quattroはオススメできません。

いくら解像感が高いからと言っても、基本性能がポンコツ過ぎます。

僕的にはISO感度が上げられないのとオートフォーカスが遅すぎるのは致命的です。

やはりカメラというのは基本性能が重要です。使いやすさと画質が両立されていないと普段使いのカメラとしては使えません。

sd Quattroはそういうもんだという馬鹿な意見も聞かれますが、それは違うと思いまよ!あくまでニコンやキヤノンのデジカメと比較されるべきです。

既に僕はsd Quattroを使ってません。使いにくいカメラを使う理由がないからです。スマホのカメラで写真を撮影した方が100倍快適ですから。

売却を考えているんですが、買取価格が非常に低くてびっくり。レンズキットの場合、既に買取価格が購入時の半額以下になっているんですよね。

買取価格が高ければ、まだ救われたんだけど、売るのも躊躇するくらい安くなってる・・・。相当、人気がない機種なんだなぁ・・・。最悪だよ。

以上、ブログ用カメラとしてsd Quattroが使えないというお話でした。ほぼブログのネタとして買ったから、まぁ良いかと思ってるけどね。

とりあえず、売り払って「PowerShot G1 X Mark Ⅱ」を買いたいなぁと思ってます。

発売後時間が経過したこともあって安くなっているし、接写性能も高い、レンズも明るい、センサーもデカイ・・・絶対ブログ向きだと思うんだが、デカイのが気になるなぁ。

スポンサーリンク
【sd Quattro】買わなければよかったと後悔している6つの理由
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
関連コンテンツ

コメント

  1. ろく より:

    初めまして。
    縮小革命使わせてもらってます。
    撮影データ消えずに使えるんで重宝しています。
    お世話になってます。
    変態カメラは変態専用なんだと思います。
    普通の人には向きません。

  2. scftmk より:

    ははは

    ご愁傷さま