どんな所か気になるよね?初めての精神科・心療内科受診 体験談

medical_seishinka_man

自分が精神科を受診することになるとは思ってもいませんでしたが、仕事も全く集中できず、このまま会社に行っても役立たずなので、思い切って受診してみました。

自分がうつ病じゃないかと思う11の理由
ブログの更新を休み気味になっていますが、理由があります。 全くやる気が出ないのです。仕事もブログも趣味も・・・何もかもやる気がありませ

ブログを書けるような精神状態でもないですが、何もすることもないのでリハビリを兼ねてイロイロと精神科受診体験談的なのを書いてみます。

スポンサーリンク

心療内科と精神科は事実上同じそうです。

ココロの病気で病院に行く決意をしたわけですが、先ずよく分らなかったのが心療内科と精神科(神経科)の違い。

いろいろ調べてみると厳密には

  • 心療内科:精神的なことから身体が不調になる(心身症。胃潰瘍とかね)
  • 精神科:うつ病など他の精神障害(身体症状以外)

の区分けがされてます。

ストレスで胃が痛いなど体に不調が出ている場合は心療内科、やる気がしない・死にたい・会社に行きたくない・寝られない・幻覚などの精神障害は精神科です。心療内科はあくまで内科です。

しかしながら、実際には区別されないことが多いそうです。事実上、精神科であっても心療内科と標榜している場合が多いそうです。吉田精神科という名前より、吉田心療内科とかヨシダメンタルクリニックという名前の方が行きやすいでしょ?

実際に診療科を見てみると「精神科」と「心療内科」の両方が書いてある場合がほとんどで「精神科」=「心療内科」と考えても問題ないと思います。

精神科はほぼ予約制

精神科の多くは予約制でした。僕の近所の小さな診療科や大病院も予約制。特に初診は30分~1時間程度の時間がかかるため、基本予約制だそうです。

ネットで調べた限りでは初診は予約しても数週間~1ヶ月後しか空いていない場合も多いとのことでした。

しかし、「○○県 精神科 予約不要」などで調べると、予約不要の病院も見つかります。精神科専門の大病院(精神病院)や一部のクリニックもあります。

入院設備のある精神病院は先生の数が沢山いるので初診を予約不要で受け入れ可能な場合もあるみたいです。クリニックレベルで予約不要なところは待ち時間がもの凄く長かったり、混み具合によっては断られる場合もある様です。

僕の場合は、電話予約できる様な精神状態ではない(電話が怖い)ので予約不要の小さなクリニックを選択しました。

予約不要の精神科でも待ち時間がほぼ無かった

ネットの情報では予約不要の精神科はもの凄く待たされると書いてあったので、びくびくしながら病院に行ったんですが、予想に反してガラガラでした。

というか、僕以外だれもいなかったです。

そのおかげで10分くらい待っただけで診療開始でした。

混むのが嫌だったので朝っぱらから行ったのですが、先生から朝早く来ますねと言われたので・・・どうやら朝早くから精神科に来るやつはあまりいないみたいですね。

確かにうつ状態の人が朝早くから病院なんて行けないよなぁ・・・。

精神科の初診ってどんな感じ?

精神科の初診ってどんな感じか気になりますよね。行ったことある人はあまりいないだろうから。

心理分析的なアンケート

まずは、心理分析の様なアンケートに答えました。中身は簡単で、「寝付きは良いですか」などの質問に対して、「よく寝られる」「寝付きは悪い」などに○を付けるだけでした。

質問は30項目くらいあって、深いことを考えずに適当に○を付けたら5分くらいで終了。ちなみに一番最後の質問は「自殺について考えたことありますか?」という内容でした。僕は「一瞬思ったことがある」に○を付けといた。

先生とのお話

精神科なので、基本は先生とのお話でした。

生い立ちや今の仕事、症状、嫌だと思っていることなどを細かく聞かれました。何処の生まれで、何をしているのか?大学名・学部や会社名・詳しい職業まで聞かれました。

時間はだいたい30分くらいですかね。でも、先生が次々質問してくれるので、あっという間に終わった印象ですよ。

先生が怖いと言うこともなくて凄い優しい感じでしたね。悪印象はなかったです。

最後に診断結果を告げられて、処方箋を貰って終わりでした。

初診でかかったお金は2500円

初診でかかった費用は2500円、薬代が約600円でした。

お話するだけなので、初診でも比較的安価でした。ただし会社を休む(休職)するために必要な診断書を書いて貰うと数千円かかりますけどね。

僕の診断は・・・不適合によるうつ状態?

僕の診断は何だったのかというと、「不適合」による鬱状態と言われました。不適合ってのがよく分りませんが、たぶん適応障害のことだと思います。

お話しした内容はだいたい以下の通り。

  • 仕事にやる気がしない、行きたくない
  • 何も集中できない
  • メールを開いたり閉じたりするなど意味不明な行動をすることがある
  • 海外出張に行きたくない
  • 家にいても何もせずに寝ているだけ

これらが半年かけて徐々に酷くなってきたと話しました。

うつ病は「はっきりとした原因がない」のに発病するとのことです。僕の場合は仕事が原因なので「うつ病」ではないわけですね。

薬で元気にはなるけど原因を取り除かない限り直らない

まず、言われたのが現状のままだと直らないということです。今のストレスの原因になっていることを無くさない限りは完治しない。

僕の場合は、「今やっている仕事」「海外出張」を止めない限り直らないということです。

薬は「あなたが思っているよりも強力で一時的にはやる気が出る」とのことですが、いつまでも薬に頼るのは良くないと言われました。

仕事を辞める、別の部署に異動するなど環境を変える必要がある

先生に言われたこととして、「仕事を辞める」「部署を異動する」など考えないとダメとのことでした。

ストレス源を除去しない限りは完治しませんよってことみたいです。

先生の言うことはもっともだなぁと思います。今の仕事を辞めれば、確実に良くなるのは明らかですからね。でも、そんなこと簡単にできるわけないだととも感じました。

今は混乱しているけど、落ち着いたらよく考えてみてくださいみたいな感じかな。

休職したいか聞かれました

あとは、休職したいかどうか聞かれました。

僕の場合はとりあえずは有給使って様子見るから不要と答えました。

薬を出すから、それを飲んで仕事に行って、それでもダメだったら診断書を出しますとのこと。

休職=就職活動

休職するなら就職活動期間と思った方が良いとも言われました。休んでいる間に新しい仕事を探せってことみたいですね。

確かにそのアドバイスは適切だなぁと思いました。どう考えても、復職しても同じ職場なら同じ状態に逆戻りになりますからね。

それは、僕の会社内でもよく見かける光景で、一回休職した人は二回・三回と休む傾向が強いですし、定期的に無断欠勤したりしますから。

環境を変えない限り、状況は変わらない。無駄に苦しむことになるので、無理だと感じたら仕事を辞めることにしようと強く決意しました。

僕の場合は幸い一人暮らし。だれも養う必要はないから、アルバイトでも何でも生活はしていける。仕事を辞めることに対して恐怖感を持つ必要はない!

今後は・・・

とりあえず、有給で1週間休みます。有給は大量に残っているからね、たまには労働者の権利を行使させてもらうことにします。

好き勝手な生活をさせてもらいます。

その後は薬を飲みながら様子見ですが、発病の原因になった「海外出張」は当分無理と会社に伝えるつもりです。海外出張さえなければ、ギリギリやっていける気がする。

「海外出張が無理」を理解してもらえないなら仕事を辞めることにします。年に一回なら良いけど、今の部署だとかなりの回数行くことになるから精神的に耐えられない。

スポンサーリンク
どんな所か気になるよね?初めての精神科・心療内科受診 体験談
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
関連コンテンツ

コメント

  1. 奈良 より:

    最近あなたのブログを知って
    食品ネタの辛口レビューを楽しませてもらってました
    体調悪いと聞いてビックリしています
    無理なさらないで下さいね

  2. おばちゃん より:

    初めまして。50代のおばちゃんですが、こちらを2か月ほど前に知りまして、面白くてお気に入りに入れて通ってます。
    私、長男の嫁系で適応障害を伴う鬱状態になりまして、心療内科に通い、薬も飲んでいました。今はなおったとは言えませんが、薬なしでボチボチやっていかれるくらいにはなってます。環境も発病の状態も違いますが、よしださんのブログはとっても楽しく、役に立つ事ばかりで楽しみにしている人もたくさんいると思います。何もかもやめず、好きな事は細々とでも続けて少しずつ良くなることをお祈りしていますよ。

  3. 無名 より:

    あなたの書き物を楽しく見ています。
    良くなられることを願っています。