2倍の速度!パソコンでスマホを急速充電するためのアダプタを試してみた!

s-P8060237

パソコンでスマホを充電すると凄く時間がかかるじゃないですか。あれって、スマホがパソコンにつながっていると認識すると、充電電流を0.5Aに制限してしまうからなんですよね。

PCのUSB端子の規格上の最大出力が0.5Aなので、それを超えないように調整しているわけです。

その制限を解除することができる充電コンバーターという製品を買ってみたので紹介します。

s-P8070277

このコンバーターは切り替えスイッチがついていて、急速充電モードとデータ通信モードに切り替えられます。

急速充電モードを使うと急速充電ができますが、パソコンとスマホのデータ通信ができなくなります。

パソコンにデータを送りたい場合だけデータ通信モードに切り替えればOKです。

スポンサーリンク

ノートパソコンでのスマホ充電速度

コンバーターなし 0.44A

s-P8070271

コンバーターあり 0.83A

s-P8070273

コンバーターをつかうことで約2倍の充電速度になりました。ただ、ACアダプタで充電すると1.4A前後で充電できるので、ACアダプタには劣ります。

電圧が、4.95V→4.88Vに低下しているので、ノートパソコンのUSB端子の電流の限界ってことだと思います。

デスクトップパソコンのUSB3.0端子での充電

コンバーターなし 0.45A

s-P8070270

コンバーターあり 0.88A

s-P8070269

ノートパソコンの結果とほぼ同等でした。

コンバーターを使用することで、2倍の速度にはなりましたがやはりACアダプタの速度には劣りますね。

電圧低下しているのでパソコンの出力の限界なんでしょう。

まとめ

充電バーターを使うとパソコンでのスマホ充電速度を約2倍にUPできることがわかりました。

しかし、パソコンのUSB端子の出力容量の問題から最大でも0.8A前後でしか充電できず、ACアダプタには劣ります。

でも、会社のPCで充電したい時などには少しでも速いスピードで充電できるようになるので、ACアダプタが使えない時などに活躍しそうです。

ちなみに、充電専用ケーブルでも同じ効果が得られます

今回紹介したコンバーターはマイクロUSBケーブルを充電専用ケーブルに変換するアダプタです。

なので、以下の様な充電専用ケーブルを使えば、コンバーターなしで急速充電できます。ただし充電専用ケーブルを使うと、データ通信できなくなるので注意。

スポンサーリンク
2倍の速度!パソコンでスマホを急速充電するためのアダプタを試してみた!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ