変態カメラ「sd Quattro」:高感度性能チェック、ISO200までが許容範囲(レビューその3)

s-P7110016_1

sd Quattroレビューその3は高感度特性のチェック。

高感度に凄く弱いと言われるsd Quattro、どの程度のISO感度まで使用可能なのか気になりますよね。

変態カメラ「sd Quattro」を買いました!開封・外観チェック編(レビューその1)

変態カメラ「sd Quattro」を買いました!キットレンズの外観・性能チェック編(レビューその2)

スポンサーリンク

WEBで公開する写真で許容できるISO感度

まずは、WEBサイトやブログ、SNSなどに投稿する画像だと、どの程度のISO感度まで許容できるのか確認していきたいと思います。

撮影条件

  • ISO100、200、400、800、1600、3200、6400
  • 絞り:F5.4
  • レンズ:30mm F1.4 DC HSM | Art
  • シャッタースピードはオート
  • 三脚に載せて撮影
  • その他、カメラの設定は初期設定
  • 縮小革命で横700pxに縮小

ISO100

s-SDIM0035

ISO100は文句の付けようのない画質。

ISO200

s-SDIM0036

ISO100と大差は無い。

ISO400

s-SDIM0037

若干、鮮やかさが失われてきているが、ギリ共用範囲。

ISO800

s-SDIM0038

財布部分などにノイズが見られるようになってきた。アイロンの赤部分や電動ドライバーの緑部分、はさみの青部分の鮮やかさがなくなってきている。

ノイズとしてはギリ許容範囲ではあるけども、色が薄くなってきていて700pxに縮小しても微妙だな。

ISO1600

s-SDIM0039

全体的にグリーンノイズが出ていて、ここからは常用出来ないレベル。オリンパスのミラーレス一眼OMD-EM5 ⅡのISO6400よりもノイジー。

まぁ、緊急用としては使えるかもしれないけど。

ISO3200

s-SDIM0040

もうダメ。

ISO6400

s-SDIM0041

一応、写っているレベル。

僕的にはISO200が許容範囲

他にはない高画質感を求めてsd Quattroを購入したわけで、ノイジーになってしまうとsd Quattroをわざわざ使う必要は無いと思うんですよ。

正直言ってオートフォーカスは遅いし、レスポンスも悪いし、EVFの表示もイマイチだから画質がよくないなら使うメリットが全く無い。

そう考えると、ISO200までが十分な画質を保っている範囲じゃないかな。ISO400も使えなくはないけど明らかに鮮やかさが失われてきていて、微妙なんだよね。

ISO200までしか使えないとなると、ブツ撮りではかなり厳しい。しっかりとしたライトを使わないとシャッタースピードが遅くなりすぎて手ぶれしてしまうから。

部分拡大で詳細チェック

上のチェックで利用した写真の一部を拡大して細部のノイズ感をチェックしてみましょう。

ISO100

s-CB_0001

やっぱり解像感は素晴らしい。

だけども、使い始めたときからずっと気になっているのがグリーノイズ。所々、緑色になるでしょ。

他社のレビューでも同様のことが書いてあったけど、ISO100でもグリーンノイズが出ているんですよね。縮小すると分らないですが、拡大すると結構目立つので、改善を望みます。

ISO200

s-CB_0003

ISO200は100と大差ないかな。

ISO400

s-CB_0005

よく見ると全体的に緑っぽくなってきている。解像感も失われてきており、やはりISO200までが許容範囲かな。

ISO800

s-CB_0007

ISO400と余り変わらない。

ISO1600

s-CB_0009

ここからは完全にのっぺりしてしまっている。

ISO3200

s-CB_0011

解像感は失われ、色もおかしい。

ISO6400

s-CB_0013

全く使えないレベル。

sd Quattroの許容ISO感度はISO200

事前の情報ではISO800くらいまでは使えると聞いていました。

確かに、800まではギリ使えなくはないレベルではあります。しかし、sd Quattroに求めるのは最高の画質。

そうなってくると、ISO200までが画質の劣化が気にならない範囲ですね。

僕の場合は、ISOオートモードでの最大感度を200に設定しています。ISO200を超えると暗部がグリーンっぽくなってしまう傾向にあって、画質に満足できません。

そもそもsd Quattroに高感度性能を求めてはいけません。あくまでも高画質を目指して基本ISO100で撮るべきでしょうね。

次回は・・・

レビューその4ではsd Quattroの使い勝手の面を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
変態カメラ「sd Quattro」:高感度性能チェック、ISO200までが許容範囲(レビューその3)
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ