【2016年最新版】パソコン用地デジチューナー(テレビチューナー)まとめ

KEIAN USB地デジ&ワンセグチューナー KTV-FSUSB2/V3

僕の家には現在パソコンの近くに32インチの液晶テレビを設置しているのですが、ベッドで転がりながらTVをみたいなので別の部屋にあるベッド横に移動させようかと思っています。そうなってくると、ブログを更新しながらテレビが見られなくなるので、パソコン用地デジチューナーを探してみました。

最近はパソコンを使う人が激減したためかパソコン用テレビチューナーが絶滅寸前。でも、欲しい人って結構いるんじゃないかと思うので、見つけたチューナーをまとめました。

※ワンセグではなくフルセグチューナーをまとめています。

※買う際にはAmazonのレビューを良くチェックすることをオススメします。使い勝手や相性などの情報も載っている場合が多いです。

スポンサーリンク

バッファロー

現行機種はありませんでした。

アイオーデータ機器

2番組同時録画対応の地上・BS・110度CSチューナー。公式にWindows10に対応。

安心の大手「アイオーデータ」製ってのが魅力ですが、PCI Express 接続なので基本は自作PC向けで難易度が高いのが難点。

2016年1月に生産終了になっていますが、シングルチューナーのUSB接続モデルもあります。市場在庫のみですがWEBサイトを見るとWindows10にも対応しているので、欲しい方はお急ぎください。

MAC専用。Amazonレビューの評価はイマイチなので購入前にレビュー欄チェック要。

KEIAN

玄人向けの印象あり。

とにかく安い内蔵型地デジチューナー。Windowsメディアセンター専用でWindows10非対応なので注意。

PCI Express 接続で玄人向けなので、素人は手を出さないことをオススメします。

USBタイプもあって、こちらは付属のソフトでテレビを見るタイプ。

比較的安価でテレビを見るだけならこれ十分ということもあって人気の商品。

ただし、Windows10では以下の制限あり。

予約録画(スリープからの復旧)ができない状態ですが、ほかの機能はそのままお使いいただけます。

Windows10では予約録画できませんのでご注意を。

ピクセラ

地デジチューナーに最も力を入れているメーカー。ここのメーカーから選ぶのがオススメかな。

Windows10対応、2番組同時録画対応の地デジ・BS・100度CSチューナー。PCIExpress×1接続でロープロファイル対応なので、スリム型デスクトップPCなどにも取り付け可能。

付属ソフトの評判も良いので、個人的に内蔵型テレビチューナーで最もオススメの商品です。

MAC専用。USB接続、MAC対応で唯一の3波対応(地上 / BS / 110°CSデジタル)USB接続テレビチューナーです。

MACでテレビを見たいなら、事実上選択肢はコレくらいしかない。

Windows10対応のUSB接続テレビチューナー(シングルチューナー)。3波対応(地上/BS/110度CSデジタル放送)ならコレ。

複数台繋げば、最大4番組まで同時録画可能。

USBメモリー型の小型タイプ。内蔵のアンテナを伸ばせば外でもテレビが見られる。もちろん、フルセグ対応で、電波が悪い場合はワンセグ視聴も可。

Windowsだけではなく、Androidにも接続できるので使っていないタブレットをテレビ化するなんていう使い方も可能です。

個人的に気になっているのがワイヤレステレビチューナー。WindowsやMAC、iPhone、Androidなど主要OS全てに対応。

パソコンに接続する必要は無くて、チューナーに有線LANとUSBハードディスクを接続して使います。あとは専用アプリを使って、好きな端末からテレビを視聴することが出来ます。

スマホ、テレビなどでチューナーを共用できるのは魅力に感じました。

裏録対応モデル。2番組予約録画は不可なので注意。あくまで、テレビを視聴しながら別番組を録画することが出来る上位モデルです。

一緒に買う必要がある部品

環境によっては以下の製品も一緒に用意する必要があります。

室内アンテナ

安くて評判の良い室内用の地デジアンテナ。アンテナ線を近くから取れない場合にオススメ。ただし、地域・場所によっては受信できない場合もあるので注意。

アンテナ分配器

アンテナの端子を2つに分岐するアダプタ。

3つに分岐する場合はこちら

増幅器

アンテナの信号を分岐させすぎて信号が小さくなりテレビが映らなくなる場合に使うブースター。

テレビの受信レベルが安定しない場合に使います。

アンテナケーブル

近くに設置する場合は2mタイプ。

距離がよく分らない場合は長めの5mを買うと安心。

別の部屋からケーブルを引っ張る場合は10mタイプ。

窓や扉の隙間にケーブルを通すアダプタ。別の部屋からアンテナケーブルを引っ張る際に便利。

外付けHDD

沢山録画したい場合は外付けHDDで容量UP必要。モバイルタイプの1TB大容量モデル。

コンセント接続が必要だけど、3TBと超大容量。

スポンサーリンク
【2016年最新版】パソコン用地デジチューナー(テレビチューナー)まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ