【100円ショップ】カメラ・レンズ用ドライボックスを自作してみた

s-P6201521

最近蒸し暑くなってきて、カメラには厳しい時期になってきました。特にレンズはカビてしまうと写りに影響するし、売却価格が大幅に下がってしまうので絶対に避けたいですよね。

対策としては、除湿剤を入れたプラボックス(ドライボックス)や電気式の防湿庫を使うのが一般的で、僕もドライボックスを愛用してます。

スポンサーリンク

ドライボックスって容量少なすぎ

s-P6201523

このドライボックスって、手軽に使えるし価格も安いので使っている人が多いと思いますが、ただのプラボックスなのでカメラを入れてしまうと途端に入る量が厳しくなってしまいます。

だから、僕の場合はカメラとカメラに付けているレンズはドライボックスに入れずにそこら辺に置いてます。

カビると嫌だから、もう2個くらいドライボックスがほしいんだけど高くてさ・・・・。

100円ショップの部材でドライボックスを自作する

市販のドライボックスを何個も買うと途轍もない額になってしまうので、今回は100円ショップで部材を買ってきてドライボックスを自作することにしました。

s-P6201524

自作すると言っても、ダイソーで

  • 一番大きいプラ製のタッパー
  • 除湿剤
  • ぞうきん

を買ってきただけ。300円でした。

ドライボックスと言っても、除湿剤が入った普通のプラボックスだから、わざわざ高い専用品を買う必要なんて全くないと思うんだよね。

コレで十分なはず。

s-P6201530

乾燥剤はそのままタッパーの中に入れても良いとは思いますが、今回は蓋にセロテープでくっつけました。

一応、有効期限も書いておきました。除湿剤は永久に使えるわけではないですから、定期的な交換が必要です。

s-P6201527

カメラに傷が付くと嫌だから、タッパーの底にはぞうきんを敷きました。

s-P6201525

オリンパスの古い一眼レフカメラを入れてみましたが、全然余裕なサイズ。

このタッパー、100円なんですよ。作りも悪く無し、サイズも多くて結構良い!

まぁ、普通に入れると、カメラ一台しか入らないですが、縦方向に入れれば、2台は入ると思います。

もう1セット買おうかなぁ

s-P6201531

たった300円で作ったドライボックスですが、思ったよりもサイズが大きくて使い勝手は良い!

でも、まだまだ容量不足なんですよね。

今回は試しに1セット分しか買ってこなかったんですが、もう2セットくらい100円ショップドライボックスを作ろうかなぁと思いました。

Amazonで防湿庫安いじゃん

ドライボックスって1個あたりの容量が少ないし、出し入れが面倒いという欠点があります。なので、本当は防湿庫がほしいんですが、高いと思い込んでいて買うのはあきらめていました。

Amazonで防湿庫って幾らくらいで買えるのかなぁと思って検索してみたら結構安いんだね。

たとえば、ドライボックス3個分くらいの小さい防湿庫なら1万円くらいで売ってます。でも、直ぐに一杯になっちゃいそうだからイマイチ。

少し大きめのものでも1.5万円くらい。これなら、ミラーレス機なら一杯入りそう。

大型のものでも3万円くらい。

どうせならデカいのがほしいよね。

3万円なら買っちゃいそうだわ・・・

スポンサーリンク
【100円ショップ】カメラ・レンズ用ドライボックスを自作してみた
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ