【レビュー】最強のモバイルバッテリーを手に入れました!10,000mAhで世界最小最軽量!

今まで使っていた激安のモバイルバッテリーがぶっ壊れてしまいました。ウンともスンともいわない。

自動車通勤なので、モバイルバッテリーの使用頻度はそれほど高いわけではないんですが、出張したときの新幹線で暇つぶしにスマホをいじってると直ぐに電池切れになるから、1つ持っておきたいんですよ。

求めているスペック的には

  • 胸ポケットに入るくらいのコンパクトさ
  • 大容量(スマホを数回フル充電)
  • 3000円以下

です。つまり、大容量なのに小さくて安い製品が欲しい。

そんなスゲー製品あるんかいなと思って調べていると、最強のモバイルバッテリーを発見してしましました。

スポンサーリンク

これを買えば間違いない ANKER PowerCore10000

s-P5280935

モバイルバッテリーの人気メーカーANKERのPowerCore10000という製品です。

コレがもの凄いんですよ。

  • 10000mAhの大容量!iPhone6Sを4回フル充電可能
  • この容量で世界最小最軽量
  • 2.4A出力でタブレットも高速充電可能!
  • Panasonicの日本製バッテリー採用

というスペックなんです。

しかもですよ、これだけのスペックで価格が3000円くらい。

今日コンビニで見かけた3000mAhのモバイルバッテリーが3500円位したんで、この製品は3倍以上の容量でそれよりも安いんですから驚きです。

最強のモバイルバッテリーPowerCore10000の開封

s-P5280936

有名メーカー製の製品なだけあって、梱包はかなりしっかりしていました。

安いからと行って、中華製モバイルバッテリーとは大違いです。

s-P5280941

付属品は本体とケースとUSBケーブル。

ケースが付いているのは意外でした。ケーブルと本体を収納するのにあると便利なのでありがたい。

デザインはシンプルだが、マット仕上げで悪くない!

s-P5280937

デザインは凄くシンプルです。高級感はないんですが、マット仕上げなので汚れや傷が目立ちにくく好印象。

メーカーロゴですら印刷では無いので、高性能な製品を低価格で提供するために、性能に影響しない部分は徹底的にコストダウンをしているように感じました。

そうそう、気がつきました?スゲー小さいのを。

手のひらサイズで凄くコンパクトなのですが、これでも容量は1万mAhありますからね。

s-P5280938

サイド部分にはバッテリー残量チェック用のボタンがあります。

ボタンを押すと4つのLEDで電池残量を表示してくれます。

s-P5280939

この製品の唯一のイマイチポイントが出力が1ポートしかないこと。最近の大容量バッテリーはUSB2ポートを搭載していることが多いですからね。

僕は1ポートで十分ですが、複数の機器を持ち運んで同時に充電する方は要注意です。

もし2ポート必要なら、サイズは一回り大きくなりますが、Anker PowerCore 13000がオススメです。価格は同じくらいで少し容量が多いです。

コンパクトさが素晴らしい!

s-P5280965

この製品の最大の特徴はなんと言ってもそのコンパクトさ。10000mAhの容量では世界最小最軽量。

重さはたったの180gしかありません。

s-P5280966

サイズの比較用にいろいろなものと一緒に撮ってみました

凄く小さいのがよく分るでしょ。

こんなに小さくてもiPhone6Sを4回フル充電できる容量があるんです。驚異的な小ささだと思いませんか?

s-P5280967

小さいことは正義で、胸ポケットにも余裕で入ります。厚みも薄めなので、ポケットの盛り上がりも最小限。

s-P5280968

もちろん、内ポケットにも余裕で入る。

s-P5280962

鞄の中に入れても嵩張らない。

小型スマホよりも一回り小さいサイズなので、鞄の中の収納スペースにも収まりが良いですね。

AndroidでもiPhoneでもフルスピード充電対応!PowerIQ搭載

s-CB_0004

充電器やモバイルバッテリーにはiPhone用とAndroid用の2種類があるって知ってますか?

iPhone用の充電器でAndroidスマホを充電すること自体は可能です。しかし、充電スピードが制限されて、充電に凄く時間がかかります。

その逆も同じ。

これは、iPhoneとAndroidで「高速充電に対応した充電器かどうかを判断する仕組み」が異なるためです。いくら大出力のiPhone用充電器でAndroidを充電しても、Android端末側が充電器が高速充電に対応していないと認識してしまって安全のため充電速度を落としてしまうんです。

でも、PowerCore10000なら大丈夫。PowerIQという独自技術を搭載していて、バッテリー側が端末の種類を自動判別してくれます。つまり、AndroidでもiPhoneでもiPadでもフルスピード(最大2.4A)で充電が可能なんです。

今はiPhoneを使っているかもしれないけど、将来的にはAndroidスマホに乗り換えるかもしれない。そうなっても引き続き快適に使い続けられるのは非常にメリットが大きいと思います。

Panasonic製バッテリー採用

s-CB_0005

僕的に凄くポイントが高いのがバッテリーセル。

韓国製や中国製ではなく、日本製。Panasonicのバッテリーセルを採用してます。

やはり、日本人としてできる限り日本メーカー製のものを使いたいし、Panasonicなら安心感は高いですよね。

充電速度は十分速い!

s-P5280957

2.4A出力なので、多くのスマホでフルスピード充電が可能です。

試しに僕のバッテリー残量0のスマートフォンを1時間充電してみたら、なんと50%まで充電されていました。

普段はパソコンのUSB端子で充電しているのですが、このバッテリーで充電した方が早いなぁと感じました。

付属のケースも便利でした

s-P5280959

巻き取り式USBケーブルと一緒に付属のケースに入れてみたら、丁度ピッタリで完璧なサイズ感でした。

ケースなんていらないのにと思っていたけど、結構いい感じにケーブルと一緒に収まったので案外便利に使えそうだと思いました。

まとめ:PowerCore10000はモバイルバッテリーの決定版

今回紹介したモバイルバッテリーPowerCore10000は、1万mAhという大容量でありながら、非常にコンパクトで軽量。

出力も機器に合わせて自動調整してくれる優れものでした。

しかも、価格が安いってのも驚きポイントの1つ。この容量でたった3000円ですから凄く安い。

モバイルバッテリーに迷ったらPowerCore10000を買っておけば間違いないよなぁと思いました。まさにモバイルバッテリーの決定版ですね。

商品購入先

私はメーカー直売サイト(楽天市場)で購入。ちょうど3000円くらいでした。

スポンサーリンク
【レビュー】最強のモバイルバッテリーを手に入れました!10,000mAhで世界最小最軽量!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ