自宅サーバーでブログを公開する4つのメリット

s-P4240573

よしだちゃんねるを定期的に閲覧して頂いている方はご存じかと思いますが、当サイトは自宅サーバーで運用しています。

自作PCにCent OSをインストールして、WEBサーバーのApache・データベースサーバのMariaDB・ブログソフトのWordpressなどを使ってブログを公開しています。

ちょっとしたWEBサイトを自宅サーバーで運用している人は結構見かけますが、ある程度のアクセスがあるブログを自宅サーバーで運用している人ってほとんどいないと思いますので、僕ってかなりの変人だなぁと自覚してます。

なぜ、僕はレンタルサーバーを使わず、高コストでリスクのある自宅サーバーを使ってブログを公開し続けるのか?それには4つの理由があります。

スポンサーリンク

1.データバックアップが容易

s-computer_harddisk

僕が自宅サーバーでブログを運営する最大の理由がデータのバックアップが容易であるという点です。自分の家でサーバーを運用すれば、ブログの画像データやデータベースのデータを頻繁に外部HDDやクラウドストレージにバックアップをとることが可能となります。

もちろん、レンタルサーバーの場合でも自分でバックアップを取ることは可能ですが、僕のブログのようにデータ容量が5GB近くなっていると、そんなに簡単に全ファイルのダウンロードはできません。時間もかかりますし、回線帯域をかなり占有してしまいます。

業者側が定期バックアップを取ってくれるサービスがある場合もありますが、ファーストサーバーのサーバーデータ消失事件ではバックアップサーバーデータもろとも全てデータが消えてしまいました。

原因はサーバーメンテナンス用のプログラムに不備があった為です。そのプログラムをメインサーバーとバックアップサーバーの両方に適用した結果、バックアップも含めて全てのデータが消えました。

このような事故に巻き込まれてしまっては、記事数が重要なブログとしては致命的です。何年もの努力が全て水の泡となるため、絶対に避けなければなりません。

たとえばコアサーバーの場合、利用規約で「自らの責任において、自らのデータを、自らのPCやサーバーに保存し、バックアップするものとします。」と記載されており、業者の責任でデータが消失したとしても利用者の責任となります。

僕の自宅サーバーの場合、バックアップサーバーへのバックアップ、外部ストレージ2個へのバックアップ、クラウドストレージへのバックアップ、DVDへの定期バックアップなどをしています。ここまでやってもデータ消失が起きることはほぼないはずです。

2.サーバーの性能が圧倒的に高い

s-computer_cpu

ブログソフトのWordpressはリアルタイムにブログを生成するため極めて重たい。キャッシュ系プラグインなどを活用すれば大幅に動作を軽くすることもできますが、僕はキャッシュ系プラグインが嫌いです。

バグりやすいし、サーバーのストレージにとてつもない量のキャッシュデータが保存されてしまうからです。

ブログが重たいことはアクセス数の面で不利益を被ります。表示に何秒もかかるサイトは表示される前に見るのを辞めてしまいますし、Googleの検索アルゴリズムでもページ表示時間は指標の1つとして採用されており検索結果上位に表示するにはサーバーのスペックが重要になります。

自宅サーバーであれば、サーバーまるまる1台を一人で占有することができるためレンタルサーバーに比べて圧倒的なスペックを誇ります。

僕の現在のサーバーはCore i7+メモリ16GB+SSDで構成されており、かなりハイスペックです。サーバーの設定をWordpressに最適化していることもあって、実際に実感できるほどにレンタルサーバーよりも表示速度が早いですね。

3.帯域制限を気にしなくて良い

s-computer_lan_cable

よしだちゃんねるでは文章力のなさを画像や写真でカバーしているため、大量の写真を記事に貼り付けています。

画像はデータ容量が大きくて回線の帯域を占有しがちです。

一般的なレンタルサーバーでは、特定の人だけが回線を占有しないように1日あたりのデータ通信量に制限をかけている場合が多いです。1日3GBとか15GBとか。

制限を超えて使用してしまうと、業者から警告が来たり、最悪は利用停止処分などになったりと結構やっかいなもので、私も以前制限を超えてしまったことがあります。

自宅サーバーなら、プロバイダーの規制がかかる可能性はありますが、ブログ程度のデータ通信であれば規制にかかる可能性は少ないと思います。規制の緩いプロバイダーを選べば、相当な量の通信をしても問題ないはずです。

4.自己満足

1~3のメリットを紹介しましたが、結局のところ自己満足ってところも大きいのは事実です。

自分の家にサーバーがある。これって、楽しくないですか?

僕はサーバーの設定をいじるのも好きだし、パソコンを作るのも好きです。サーバーのHDDのアクセスランプを見ているだけでも、アクセスしてくれているんだなと凄く嬉しくなっています。

これは言ってしまったらお終いなんですが、結局のところ自宅サーバーって自己満足なんですよね。レンタルサーバーに比べれば安定性も圧倒的に低いし、電気代やハードウェアのコストもバカにならない。

コストパフォーマンスを考えたら自宅サーバーをやる意味なんてほぼ無くなってしまいます。自分でサーバーを運用したい、これが自宅サーバーを運用するかもしれませんね。

スポンサーリンク
自宅サーバーでブログを公開する4つのメリット
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ