自宅サーバーの故障により広告収入激減、対策としてバックアップサーバー導入

先日の記事で少し書いたように「よしだちゃんねる」のサーバー(自宅サーバー)がぶっ壊れて2~3日の間、アクセスができない状況でした。

s-P4240572

原因は、おそらくマザーボードのCPUソケットのピンが元々1個曲がっていて、サーバーを移動させたときに振動でピンとピンがショートして故障したと考えてます。

実はピンが曲がっていることはサーバーを組み立てるときに気がついていたんですが、問題なく動作したので気にせず使っていたんですが・・・。

結局、CPUとマザーボードを交換してブログを復活させたんですが、物理的な破壊であったため復旧に時間がかかってしまいました。

データもおかしくなっていて、OSのインストールし直しも必要でした。また、バックアップ用のNASも同時にぶっ壊れたせいで、一部の画像データが欠損していて、完全普及もできなかった。

スポンサーリンク

サーバー停止による広告収入激減

今回の問題を発生させたことによって、ブログのアクセスができなかっただけではなく、1日あたりの広告収入が大幅に減ってしまいました。

具体的に言うと、1/3くらいまで減ってます。アクセス数は変わっていないのに何故広告収入が激減したのか分りませんが、2~3日もアクセスできなかったかからグーグル先生に嫌われたのかもしれません。

いやぁ、正直ですがブログがちょっとの間表示されないのは別にいいんですが、サーバーが復活しても広告収入が戻らずもらえるお金が大幅に減るってのは許容範囲外のリスクと感じました。

対策としてバックアップサーバー導入

s-P4240573

自宅サーバーをやめて、レンタルサーバーに移行しようかとも思ったんですが、自宅サーバーへの投資額が20万円以上を超えていて今更もうやめられない。

自宅サーバーは趣味的な部分が大きいので、このまま運用していこうかと思います。

サーバー故障対策としては、やっぱりバックアップサーバーが必要。RAIDも組んでないので何時ハードディスクがぶっ壊れるかわかんないし。

なので、かなり前に激安で購入したHP製のサーバーを押し入れから出してきて、バックアップサーバーに仕立てました。写真で言うと、3台並んでいるPCの左から順に、メインパソコン、よしだちゃんねるのメインサーバー、よしだちゃんねるのバックアップサーバーです。

バックアップサーバーは1日1回深夜にメインサーバーのデータをまるまるコピーする仕組みにしています。なので昼間は何の動作もしていなくて、電気代の無駄状態となっていて、イマイチ感は半端ない。

また、メインサーバーがハッキングや操作ミスなどでデータがおかしくなった場合は、破壊されたものがバックアップサーバーにコピーされてしまうので、データ面でのバックアップとしてはあまり有効ではないかもしれません。

あくまでハード的な故障に他する対策です。

一応、ソフト的にはデータを毎日NASにバックアップしていて、数週間分のデータを保管しているため最悪はそこから復元できるようにはなってます。NASのデータも地震や火災によって失われるリスクがありますから、クラウドストレージ(マイクロソフトのOneDrive)にも定期的にコピーしてます。

サーバーのバックアップは重要だと思いました

今回のサーバー故障を経験したことで、自宅サーバーとはいえバックアップの重要性を再認識させられました。

ソフト的に故障であれば比較的早く復活できるんですが、ハード的な故障だと故障原因を見つけるのに時間がかかるし、そもそも代替え部品が家にあるとは限りません。

電気代はかかるけど、バックアップサーバーは必要だなぁと思いました。

まぁ、そもそも自宅サーバーなんて止めてレンタルサーバーに移行するのが一番金もかからないし安定性の面でも上ですが・・・趣味だから止められない。そんな感じ。

スポンサーリンク
自宅サーバーの故障により広告収入激減、対策としてバックアップサーバー導入
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
関連コンテンツ