Amazon Fireは16GBではなく8GBを買った方がお得だと思う理由

スポンサーリンク
s-P4060218

Amazonの激安タブレット端末「Fireタブレット」。8GBモデルがプライム会員限定で4980円という衝撃的な価格で販売されているのですが、新たに6980円の16GBモデルが追加されました。

FireタブレットはAndroidベースの独自OS「Fire OS 5」を搭載した7インチタブレット端末で、電子書籍や動画配信、ゲームなどのAmazonサービスを便利に利用するための機器です。Amazonは端末で儲けるのではなく電子書籍といったコンテンツから儲けるビジネスを展開しているため、驚くほどに低価格に販売されています。

他メーカーの1万円以下のAndroidタブレットは正直性能が低すぎて使い物にならないものがほとんどですが、Fireは必要最低限の性能は確保されているのも注目です。液晶も7型/1,024×600のIPS液晶で非常に綺麗ですし、動作速度も1.3GHzクラッドコアCPUを搭載しており電子書籍や動画、ちょっとしたゲームなどをする分には何ら不満はありません。

私も寝る前のネットサーフィンや電子書籍閲覧用の端末として活用させていただいています。このコスパは異常、Amazon狂ってるわ。



スポンサーリンク


8GB/16GB どっちを選べば良いのか?

プライム会員なら1台買っておいて損はないと思うFireタブレットですが・・・・8GBと16GBどっちを買った方が良いのか?漫画や動画を沢山保存したいから16GBを買うべきなのか?

私的な結論としては安い8GBがオススメとなります。

マイクロSDカードスロット搭載だから8GBを選択すべき

s-P4060219

なんで、8GBがオススメかというとFireタブレットには128GBまで対応したマイクロSDカードスロットが付いているため自由に容量を増量できるからです。

iPhoneやiPadを使っている人からするとSDカードで容量を増やせるというのは不思議に感じるかもしれませんがAndroid端末では一般的な機能。Androidスマホに8GBや16GB、64GBなどのバリエーションモデルがあまりないのはこのためです。

FireもAndroidベースの独自OSなので同様の容量UPが可能です。

マイクロSDが超安いんです

最近ではマイクロSDカードの価格が非常に安くなっていて、Amazonなら送料無料で16GBなら800円くらいから購入できます。大容量の32GBでも1500円程度。

Fireの8GBと16GBの価格差は2000円もありますから、マイクロSDを利用した容量アップの方が安価で済みます。また、動画や音楽、漫画等を沢山保存したい人だと上位モデルの16GBでも容量が足りなくなってくるはずですから、最初から大容量のSDカードをセットで買った方が絶対良いと思います。

プライム会員割引はクーポンの利用が必須

購入前の注意事項としてはプライム会員限定の割引価格で買うためにはクーポンを利用する必要があります。なにもせずに購入すすると4000円高くなるので注意です。詳細は以下のページで解説していますので購入前に是非お読みください。

以下からAmazonのFire販売ページへ飛べますが、価格は割引前です。購入時にクーポンを適用しましょうね。

Fireの関連記事をイロイロ書いてます

 

スポンサーリンク