【レビュー】リニューアルしたキリン「生茶」を飲んでみた

毎日更新を目標にブログをやっていますが、残念ながら2週間ほど休んでしまったヘタレのヨシダです。

詳細は語りませんが、2週間ほど海外出張に行っていて疲れ果てて更新する気力がなかったんです・・・マジで仕事を辞めたいと思ったつらいつらい2週間でした。

昨日の朝方に日本へ帰国して、自由気ままに1日を過ごし体力/気力を回復!今日から再び毎日更新を目指して運営していきますのでよろしくお願いします。

で、リハビリを兼ね久しぶりの更新は軽いネタ。

s-P4020015

東京国際空港から群馬県へ帰る途中のコンビニに立ち寄ったら生茶がリニューアルされていたってお話し。

すげー洒落たデザインのボトルに進化してました。買ったときは生茶の展開商品で期間限定のプレミアムなお茶かと思ったんですが、これが新時代のノーマル生茶らしい。

2016年3月25日発売にリニューアル発売されたもので、4日で100万ケースも売れたほどの人気らしい・・・海外に行っていたからブームに乗り遅れた感があるわ。。。

s-P4020017

特徴を読んでみると・・・よく分からんけど今までよりも工夫るみたいね。

s-P4020019

ボトルが新しいんですよね。形も斬新でオシャレだけど、触った感触も柔らかくて普通のペットボトルとはちょっと違う。

何だコレ?って感じのさわり心地でした。

s-P4020018

肝心の中身は、若干濁った色をしていました。

飲んでみると、結構良いかも。あまり苦みの強くない優しい味で、ごくごく飲めるサッパリとした?緑茶でした。

臭いとかは特別豊かとも思わない普通レベルかなぁ・・・

私の場合、苦くない緑茶なら何でも良いっていう人間なで繊細なことは分かりませんが、とりあえず、飲みやすくて普通に美味しかったです。おーいお茶よりも味的には好きかなぁ。。。

s-P4020020

苦すぎない飲みやすい緑茶なのでコンビニ弁当との相性も抜群でした。

ちなみに、価格は525mlで140円(税抜き、定価)です。しゃれたデザインだからと言って高くはない普通の値段。

私のこれからの定番商品になりそうです。

スポンサーリンク
【レビュー】リニューアルしたキリン「生茶」を飲んでみた
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク