針なしホッチキス「ハリナックス プレス」は強度不足で使えない!

2

針の要らないホッチキス「コクヨ ハリナックス」に穴の開かないプレスタイプの「ハリナックスプレス」という商品があるのをアマゾンで発見。

今時、針を使うホッチキスなんて時代遅れかなぁと思って試しに買ってみました。

s-P3030149

5枚閉じの針なしホッチキスで型番はSLN-MPH105wという商品です。白色を買いましたが青・赤・緑もあります

s-P3030150

パッケージにあるように、紙を押しつぶしてギザギザにすることで紙を圧着する方式です。

昔からこういったタイプの針なしホッチキスは存在していましたが、どれも強度が微妙。直ぐはがれる。

でも、東証1部上場・売上約3000億円・従業員約6500人の大企業「コクヨ」さまが出した商品だから、それは良いものに決まっている。

スポンサーリンク

サイズはかなり大きいが5枚だけしか綴じられない

s-P3030151

商品自体はこんなフォルムで少しダサイ感は否めない。

s-P3030152

結構サイズもデカいし・・・

s-P3030153

40枚閉じられるデカめのホッチキスと同じくらいのサイズ感です。でも、5枚までしか綴じられません。

針はいらないけど、巨大だから、ホッチキス+予備針でいいじゃんかと少し思ってしまったのは内緒。

s-P3030154

ロック機能はないみたいだから筆入れには絶対入れたくない。はじけちゃう。

綴じ強度は微妙でダメだ

s-P3030156

使い方なんてのは普通のホッチキスと大差なくて、隙間に紙を入れてレバーを押すだけです。

結構、力を入れないとレバーが下がらないので、大量に綴じたい場合には注意が必要かもしれません。

s-P3030159

綴じ部。ギザギザプレスで固定されているのがよくわかりますね。

s-P3030160

プレスしただけですが、ちゃんとくっ付いてるんですね。大したものです。

s-P3030161

でも、ちょっと力を入れると取れるので強度はいまいちです。仮止めレベルで、常用には耐えられない。そんな印象。

s-P3030166

一応、これ位は耐えられるけど、さらに力を入れるとポロリします。

s-P3030167

しかも、穴は開かないはずですが、外れかたが悪いと破れます

位置出しが難しい

s-P3030165

このハリナックスプレスは位置出しが難しいです。ホッチキスって机の引き出しから「さっと」出して、カチャリとやりたいんですが、こいつの場合はすぐに位置がズレます。

ちゃんと、本体に表記されている位置に合わせてプレスしないと写真のようになってしまうんです。

フ・ザ・ケ・ル・ナ!!!!!!!って感じですね。

s-P3030162

さらに奥深くまでは入らないのでレシートとかを固定したい場合には使えない。

これも フ・ザ・ケ・ル・ナ!!!!!!!って感じですね。

結局は普通のホッチキスが最強ってことだな

s-P3030171

ハリナックスプレスは強度が低くて、私的にダメです。

使いどころはあるかもしれませんが、強度が必要な場合や5枚以上綴じる場合には普通のホッチキスを使う必要があるわけで・・・

2個持たないとイケないなんてありえない!デカいしさ

普通のホッチキスなら消耗品は必要だけど強度は最強でモノによってはハンディーでも40枚まで綴じられるんで、ハリナックスなんて不要。使えない。

そう思った。

スポンサーリンク
針なしホッチキス「ハリナックス プレス」は強度不足で使えない!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
関連コンテンツ