【iPhone批判】私をiPhone嫌いにした原因のiPhone 3G。昔のiPhoneはこんなにポンコツだった!

s-IMG_2654

※iPhone信者の皆様へ:本記事はiPhone批判記事ですので絶対に読まないでください。

皆さんは2008年7月11日に発売されたiPhone3Gっていうポンコツなスマートフォンをご存知ですか?今ではiPhoneは日本で一番売れている携帯電話となりましたが、当時はスマホが一般的ではなかったことも影響して全く売れていませんでした。

あまりにも売れないものだからソフトバンクがAppleから課されたノルマを無理やり達成するために“iPhone for everybodyキャンペーン”と呼称する0円販売をしていたほどです。

iPhone3Gのポンコツなところ

WindowsMobileを搭載したスマホを使っていたりした新しい物好きの私は、このiPhone3Gに飛びつきました。しかし、当時発売されていたWindowsMobileを搭載したスマホと同じように、物凄く動作が遅く実用に耐えるものではありませんでした。

さらに、キャリアメールが使えずi.softbank.jpと呼ばれる専用メールアドレスが付与されました。このアドレスだとauやドコモの迷惑メールフィルターにパソコンメールと判定され、メールが届かないという事故も発生(今は解消されてますが・・・)。

ポンコツ過ぎるから解約しようとしたら、2年縛りのため違約金が膨大になり解約できないという良くある落とし穴にはまりました。

iPhoneがヒットしたの3GSから

iPhoneが売れ始めたのは3Gの次の世代である「iPhone3GS」からです。3Gと3GSは見た目が全く一緒なんですが、中身がぜんぜん違う。3Gはもっさり動作だったのに対し、3GSはビックリするくらいサクサク動いたわけです。

実際に私もビックカメラで実機を触りましたが、あまりの性能の違いにビックリしたのを覚えています。ネックとなっていたキャリアメールも使えるようにあり、今のiPhoneに限りなく近づきました。

私も、3Gから3GSに乗り換えたかったのですが、2年縛りと言う制限に阻まれ泣く泣く3Gを使い続けるしかありませんでした。

結局、2年縛りが終了したときには、完全にアンチApple・アンチiPhoneになっていました。二度とiPhoneを買うことはないと誓ったほどです。

今でこそアンチAppleではなくなりましたが、アンチiPhoneであることには変わりがありません。Androidの自由さを知ってしまった今では、iPhoneを買うメリットもありません。ですので、今後もiPhoneを買うことはないでしょう。

前置きが長くなりましたがiPhone3Gを今更ながら写真でご紹介しましょう

外観チェック

s-IMG_2642

ホワイトモデルだけど、表は黒。

最新iPhoneと同じように、ホームボタンのみです。

個人的にはAndroidのボタン配置のほうが使いやすいです。

s-IMG_2643

裏面です。容量は無駄にでかい16GB。

今のiPhoneと違い丸みを帯びたデザイン。

質感は低く、完全にプラスチックです。しかも光沢があるから指紋や傷が目立ちやすい。

ケースなしで使っていたから傷だらけでボロボロ。

s-IMG_2647

上には、電源ボタンとイヤホン端子、SIMスロットがあります。

s-IMG_2646

サイドは音量調整ボタンとマナーモードのスイッチ。

このマナーモードスイッチもイマイチで、ケースなしでポケットに入れていると勝手に切り替わってしまって、着信音が鳴ってほしくない場面で鳴るという事故が多発したものです。

今は改善されているんでしょうか?

s-IMG_2648

下は、マイク、スピーカー、充電端子です。

今は懐かしのデカい充電端子タイプです。

最新のiPhoneもそうだけど、Android端末のように充電端子は普通のUSB端子のが良いと思うんだが・・・。

もちろん、端子むき出しですから防水ではありません。

s-IMG_2649

電源が入らないから、充電しようと思ってケーブルを探したら巻き取りタイプが出てきた。

全体的に黄ばんでいて、時代を感じます。

この巻き取りタイプは便利だったんだけど、充電コネクタ部がブラスチックでできていてグラつくんだよなぁ・・・。

s-IMG_2653

取りあえず、充電して使えるようにします。

動作を見ていきましょう

s-IMG_2655

ホームボタンを押して、電源を入れてみました。

時計は完全にリセットされていていましたが、ちゃんとつかえます。

でも、30分も充電していないのに、電池が8割くらい充電されている。

うーん。電池が死んでるのかなぁ・・・。

s-IMG_2656

表示はこんな感じ。当時は凄く綺麗なディスプレイだと思っていましたが、今見ると粗さが目立ちます。

最新のiPhoneだと、肉眼ではドットが見えませんが・・・こいつは見える。

この世代は解像度が物凄く低かったんだなぁと思い知らされます。

s-IMG_2660

設定画面を表示させて、上下に動かしてみます。

表示させたばかりの時は、カクカクな動きで指に追従しません。

次第にこなれてきて、ヌルヌルになります。

ちなみにですが、この設定画面を表示するのに、アイコンを押してから1秒くらいかかりました。

s-IMG_2667

ホーム画面に戻って、画面上部の情報通知部を下げて、詳細画面を表示させようと思いましたがそんなことできず。

s-IMG_2669

ちなみに、フォルダ分け機能は使えます。

と言っても、初めはこんな事出来なかったんだけどね・・・。

途中で、3GS用のOSが3Gでも使えるようになって、機能追加されたんだよなぁ・・・。

それがiOS4なんだけど、これがビックリするくらいポンコツなOSだったのを鮮明に覚えている。

多分、機能を追加しすぎたためなんだろうけど、性能が追い付かず物凄くモッサりになっていた。

実はiOS3の時はギリギリ実用に耐える動作速度だったのですが、この4にアップグレードした瞬間に文字入力すら困難なほど動作が遅くなったわけです。

さすがにネットでも、ボロクソに叩かれて数か月後にiOS4.1が公開されました。iOS4.1にすると結構改善されてギリ実用に耐えうる速度になった覚えがあります。それでもiOS3に比べれば遅い気がしていました。

ダウングレードできなかったから、不満タラタラ。遅すぎてメールすらまともにできないわけですから・・・今ではいい思い出です。

s-IMG_2676

ちなみにカメラも使えますが、実用性はあまりありません。

画質以前に動作が遅すぎます。

そもそも、アイコンを押してから起動に2秒くらいかかるし、、、、

写真を見ていただければわかると思いますが、シャッターを切ってから写真のような表示が1秒くらい続きます。

シャッターボタンを押してからのレスポンスも悪すぎます。

まとめ

iPhone3Gは当時最先端端末でしたが、当時ですら動作が遅く不満だらけの端末でした。

今触ってみても、やっぱり全体的にもっさりしていて、これを使う気にはなれないです。

また、今では当たり前のマルチタスクに対応していないため、アプリの同時起動ができません。もちろん、カットアンドペーストなんていうハイカラな機能も搭載していません。

うーん。当時でもイライラしたから、今使ったら地面にたたきつけるかも。。。。。。

スポンサーリンク
【iPhone批判】私をiPhone嫌いにした原因のiPhone 3G。昔のiPhoneはこんなにポンコツだった!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク