上位版「Priori3S LTE」登場 大画面5インチ液晶で17800円と低価格!

s-CB_0028

なんと、私が購入したPriori3 LTEの上位版が発表されました。その名もPriori3S LTEです。iPhone6S的な名前の付け方ですが、何が良くなったのかチェックしてみたいと思います。

↓既存のPriori3 LTEの記事は以下を参照願います。

スポンサーリンク

最大の特徴は画面サイズが4.5→5インチに大型化

スペック表は以下の通りです。

s-CB_0029

Priori3とPriori3Sの大きな違いは画面サイズだと思います。Priori3は一般的なアンドロイドスマートフォンから比べると一回り小さな4.5インチ液晶を採用していましたが、Priori3Sは5インチ液晶・解像度もHD(1280×720)にパワーアップしました。

液晶サイズは好みの問題なので、一概にデカい方が良いとは言えないところはありますが、大画面好きにとってはありがたい進化ではないかと感じます。老眼で文字が・・・って人には3S良いかもしれません。

解像度も他社製のミドルレンジクラスと同等となりましたので、Priori3よりも画面は高精細で綺麗なはずです。Priori3の低解像度が気になって購入を見合わせていた人もPriori3Sなら満足できると思います。

一方で性能はほぼ据え置き

s-CB_0032

価格が超激安の17800円ということもあってか、800万画素カメラに1GHzクアッドコアCPUとPriori3と同じ基本性能です。

しかしながら、パワーアップしているところもあって、メモリーが1GB→2GBにUP、ストレージが8GB→16GBにUP、バッテリーが取り外しできなくなりましたが4000mAhと超巨大になりました。

バッテリー容量は凄い

s-CB_0031

Priori3Sのバッテリー容量は4000mAhと尋常じゃないデカさのものが搭載されています。

Priori3が2100mAhだったので約2倍。液晶がでかくなっているので電気消費は多いとは思いますがPriori3でもバッテリーの持ちは十分だったのに2倍はやばい!

CPUがそこまで性能が高くないので低消費電力だがら、4000mAhのバッテリーと組み合わせると、どれくらいバッテリーが持つのか想像もできない。

バッテリーの持ち、たぶん最強だと思う。

スポンサーリンク
上位版「Priori3S LTE」登場 大画面5インチ液晶で17800円と低価格!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ