2月24日発売の「Surface Book」はカッコイイが20万円超え。廉価版の発売求む!

s-CB_0016

少し前に話題になった最強スペックの2in1パソコン「Microsoft Surface Book」。MacBookProに対抗してMicrosoftが開発したノートパソコンです。

パソコン好きならご存じだとは思いますが、すでにアメリカでは販売されていましたが日本では発売が未定だった製品。ですが、ついに2月4日より販売が確定。

スペックなどをチェックして、この商品は買いなのか止めた方がいいのか考えたいと思います。

スポンサーリンク

性能は素晴らしくいいが・・・買えない価格帯

今更説明することもないかもしれませんが、性能は2in1としては最強クラス。

CPUはCore i7が選べますし、ディスプレイなんて3000 x 2000 (267 PPI)の13.5インチ。

ストレージはもちろん高速なSSDで、メモリーも最大16GB。GeForce搭載モデルも用意されるので3Dゲームなんかも楽しめちゃうスペックになっています。

このスペックで、ディスプレイと画面が分離する2in1ってのが驚きです。重さもキーボード込みで1.5kg、画面だけなら0.7kgと更に軽量になる。

スペック表

詳しいスペックは以下の通りです。

OS Windows 10 Pro(64 ビット)
外形 [寸法] 約232.1 mm x 312.3 mm x 22.8.0 mm(最薄部 13.0mm)
タブレット時:約220.2 mm x 312.3 mm x 7.7 mm
[重量] 約1,516 g (GPU非搭載モデル)、約 1,579 g(GPU搭載モデル)
タブレット時:約726 g
[ケース] マグネシウム合金
[機構] ダイナミック フルクラム ヒンジ、マッスル ワイヤー ロック
[色]: シルバー
[ハードボタン] 音量ボタン、電源ボタン
記憶域
(内蔵フラッシュ メモリ)
128 GB, 256 GB, 512 GB
ディスプレイ [スクリーン] 13.5 インチ PixelSense(TM) ディスプレイ
[解像度] 3000 x 2000 (267 PPI)
[コントラスト比] 1800 : 1
[色再現性] sRGB 100%
[縦横比] 3:2
[タッチ] 10点マルチタッチ対応
キーボード フルサイズ キーボード (19 mm キーピッチ)
ガラス製トラックパッド (5点マルチタッチ対応)
ペン入力 Surface ペン対応 (同梱) 筆圧1,024段階対応
CPU 第 6 世代 Intel(R) Core(TM) i5 (Intel(R) HD graphics )
第 6 世代 Intel(R) Core(TM) i7 ( Intel(R) HD graphics )
外部GPU*搭載モデルのみ NVIDIA(R) GeForce (1GB GDDR5)
RAM 8GB、16GB
セキュリティ TPM 2.0
ワイヤレス機能 無線LAN (802.11 a/b/g/n/ac)
Bluetooth 4.0 省電力テクノロジー
バッテリー駆動時間 動画再生最大約 12 時間
カメラとAV機能 8.0 メガピクセルのリア カメラ(1080p対応、オート フォーカス対応)
5 メガピクセルのフロント カメラ(1080p対応)Windows Hello 対応
ステレオ マイク
Dolby(R) audio 搭載ステレオ スピーカー
外部端子 フルサイズ USB 3.0 端子 x 2
Mini DisplayPort
フルサイズ SD(TM) カード スロット
SurfaceConnect(TM) (充電, Surface ドック用端子)
*キーボード部、およびタブレット部にそれぞれ1つ
ヘッドセット ジャック
センサー 光センサー
加速度計
ジャイロスコープ
磁気センサー
電源 36 W 電源(GPU非搭載 モデル)
65 W 電源(GPU 搭載モデル)
同梱物 電源アダプター、 Surface ペン
クイック スタート ガイド
Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス プロダクト キー(一般向けモデルのみ)
安全性および保証に関するドキュメント
標準搭載ソフトウェア Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス(一般向けモデルのみ)
製品保証 1年間の製品保証、90日間無償テクニカル サポート

お値段は?

ここまでスペックがいいと気になるのはお値段。発表された参考価格が以下の通り。

※法人向けと一般向けの違いはオフィスの有無。一般向けにはOffice Home & Business Premium プラス Office 365 サービスが付属します。

s-CB_0015

私たち一般人が買える最廉価モデルは約20万円。たけーなぁーが第一印象で、買えないってのが現実。

いやいやいやいや、高すぎるでしょう。最強モデルだと35万だよ。買えないわー!!!

正直、デザインは言い、性能もいいんで是非ともほしいんですが、手が出ない価格ですね。

個人的にはCore i3・メモリー4GBで14万円くらいで販売してくれたら飛びつくかもしれないけど、今時ノートパソコンで20万円は無理!残念!

デザイン

s-CB_0016

シンプルでカッコイイ。

s-CB_0017

この性能でこの薄さは驚異的。しかも画面はずれるから。

s-CB_0019

タッチパネルなのでペンも使える。本格的なペンなのでお絵かきなどにも最適。

ほしいが買えない端末

スペックや性能は素晴らしいけど、現実的に考えると20万円越えのノートPCを買うことは難しいという人が多いのではないでしょうか。

もちろん、Surfaceなどの廉価モデルもありますが、あれはノートPCではなくタブレット端末。Surface Bookとはちょっと違うんだよな。

個人的な要望ですが、タッチパネルはいらないし、液晶も半分の解像度で良い。ディスプレイも外れなくて良いから、価格が12万円くらいにならないですかね。

廉価版を希望する!

スポンサーリンク
2月24日発売の「Surface Book」はカッコイイが20万円超え。廉価版の発売求む!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ