【2016年版】WindowsPCを購入したらインストールしたい定番ソフトまとめ

私のメインPCは定期的にWindowsを入れ直しています。なぜかというと、ソフトのテストや評価などで様々なソフトをインストールしまくるのでPCの中がゴチャゴチャしてしまうから。

で、今回も2016年になったことなので、PCの大掃除をかねてリカバリ(初期化)を実施しました。

ソフトも一からイロイロとインストールしなければならないので、せっかくなの「【2016年版】WindowsPCを購入したらインストールしたい定番ソフトまとめ」という題名で私がインストールしたソフトウェアを紹介したいと思います。

今年は少しいつもと違ったソフトにチャレンジしてます。

スポンサーリンク

【ウィルス対策ソフト】キングソフトインターネットセキュリティ(無償版)

s-CB_0004

ウイルス対策ソフトは去年までは「ノートン」を使っていたのですが、有効期限が残り30日を切っていて2016年も引き続き使用する場合は更新しないといけない。でも、数千円するんだよね、更新費って。高ーから、払いたくない訳よ。

Windows10の場合はWindowsDefenderっていうウイルス対策ソフトが最初から導入されているので別に何も入れなくても大丈夫なんですが、Windows7時代のMicrosoft Security Essentialsで「他のソフトなら検出できる一般的なスパイウェア」に感染するという事故が発生したので検知能力に信用ができない。

で、結局インストールしたのは「キングソフトインターネットセキュリティ」の無償版。

s-CB_0003

キングソフトって昔はポップアップ広告が表示される代わりに無料というのが売りだったんですが、去年あたりから更に発展して「キングソフトのポータルサイトをホームページに設定」することでポップアップ広告が表示されなくなったんです。

ホームページをキングソフトのポータルサイトにするだけで「タダ」でウイルス対策ソフトが使えるってのは魅力的。性能面はよくわからないけど、有名なウイルス対策ソフトを使っていたとしても標的型の攻撃をされたら防げない訳だし、家庭利用では十分でしょう。

ちなみに、他の無料ウイルス対策ソフトと違って有料版と全く同じ機能が使える。ウイルス対策だけではなくてファイアウォール・PCの最適化も搭載しているのも魅力だと思う。

【日本語入力】ATOK(月額契約版)

s-CB_0006

漢字変換には、去年まで無料のGoogle日本語入力を使っていたんですが、ブログを書くときの漢字変換を快適にしたいという思いから有料のATOKを月額契約(ATOK Passpor)しました。

一昔のバージョンは持っていたんですが、新しいワードに対応できなくなってきて最近はGoogle日本語入力にしていた。でも、ATOK Passportなら常に最新のATOKを利用し続けられるのが魅力に感じて契約。

使っている感じとしては、さすがはATOKって感じです。Google日本語入力のようなクラウド変換にも対応したおかげで最新の言葉も一発で変換できるし、誤変換も圧倒的につくなくなった印象です。

私は286円のベーシックプランを契約。Windowsだけではなく、10台までのアンドロイドやMACなどの様々な端末にインストール可能なのもいいよね。

【画像縮小ソフト】縮小革命(フリーソフト)

s-CB_0007

ブログを書くのに絶対必要なのが画像縮小ソフトの縮小革命。私が作っているソフトで、私がブログを書くために必要な機能を詰め込んだソフトとなっているのでこれなしでは何もできないくらい愛用してます。

個人的に、クリップボードから変換できるのはすごく便利だと思っています。スニッピングツールなどで画面をコピーした時の画像を一発で保存できるわけで、ソフトウェアの紹介などで大活躍。

基本的に、商品紹介で使う写真は700pxで縮小してEXIFは消し去っています。EXIFがあるとWordpressがお節介な動作をするのでウザいから。

【画像編集】Photoshop(月額契約)

ブログのアイキャッチ画像を作るのに使っているのがPhotoshop。すごく高いソフトで使い方も難しいですが、使い方を理解してくると止められない。

基本的には写真の明るさを調査して文字入れをするという流れかなぁ。ただ、忙しいときは文字入れせずにUPするけどね。

【ブラウザ】Opera(フリーソフト)

s-CB_0009

ブラウザはChromeを使っていたのですが、去年の後半あたりに公開されたVER45から動画配信で使われる「Microsoft Silverlight」というプラグインの動作を打ち切ったためdTVなどの月額契約の動画見放題サービスが閲覧できなくなってしまいました。

dtvを見るときはIEで見ていたんですが、2つのブラウザを使い分けるってのは正直めんどい。だからといって、将来的にEdgeに置き換わるIEをメインで使う気にはなれない。最新のEdgeはSilverlightに対応していないし、動作が安定していなくてよく固まるので好きじゃない。

Silverlightが使えるのは、IE・Firefox・Operaの3つがあるんですが、中学生~高校生の時にずっと愛用していたOperaを再度使ってみようかなぁと思ってインストールしてみました。

実は数年前にもOperaをインストールしたことがあったんですが、Operaが独自開発していたレタリングエンジンがポンコツで多くのサイトで表示が崩れるという問題が多発して使うのを止めたんですが、2013年から独自開発を止めてGoogleが主導して開発しているChromeと同じレタリングエンジン「Blinkエンジン」に切り替えたためその問題もなくなった。

使った感じでは、以前感じた表示の崩れもなく普通にメインとして使える印象です。動作もサクサクで問題ないなぁと思いました。

ただし、Operaはシェアが低いこともあってかユーザーエージェントをChromeと偽っているため、Chromeに対応していないdTVが使えませんでした。でも大丈夫。ユーザーエージェントを変更するプラグインを導入してFirefoxに偽装することでdTVも問題なく再生できるますから。

【テキストエディタ】TeraPad(フリーソフト)

s-CB_0011

WEB系のファイルやLinux系のファイルは文字コードや改行コードの問題でメモ帳では文字化けするので、TeraPadを使ってます。

テキストエディタはちょっとした設定ファイルの編集にしか使わないのでシンプルなTeraPadをずっと使ってます。もっと高機能なソフトもあると思うけど、私はこれで十分です。

【圧縮解凍ソフト】Cube ICE (フリーソフト)

s-CB_0013

解凍ソフトの定番といえばLhaplusですが、普通の圧縮ファイルを解凍する分には何ら問題ないのですが、ギガバイトクラスのサーバーバックアップファイルなどの大容量の圧縮ファイルを解凍させようとすると固まることが多い。そんなファイルはLinuxで解凍していたんですが面倒いので良いのないかなぁと思って探しついたのがCube ICE。

Lhaplusをパクったようなソフトで使い方は全く同じ。ちゃんと巨大な圧縮ファイルも解凍できるので、素晴らしいの一言です。

【オフィス】マイクロソフトオフィス(月額契約)

オフィスソフトといえばマイクロソフトオフィス。無料のオフィスソフトや激安の互換オフィスも使ったことあるけど、やっぱりマイクロソフトオフィスが一番いいです。

私は製品版を買う金がないので月額契約してます。1000円くらいですべてのオフィスソフトが使えて、オンラインストレージのOneDriveも1TBまで使える。

OneDriveはサーバーのバックアップを保管するのにも使用しているので、オフィスの月額版がちょうどいいなぁと思って契約してます。

ちなみに、普通のパッケージだと再インストールしまくると認証が通らなくなりますが、月額契約はWEB上で何回でも認証をキャンセルできるのでWindowsをリカバリしまくる私としてはメリットが大きい。ちなみに2台までインストール可能。Windows版だけではなくMAC版も使える。

8つ紹介したけど参考になった?

プラグイン系やドライバは別途導入していますが、以上の8つが私がインストールしたソフトのすべてです。

え、そんなけ?って思う人もいるかもしれませんが、基本的に便利なツールにはあまり頼らないようにしている。なんでかというと、会社のPCにはセキュリティやライセンスの問題で好きなソフトを自由にインストールできるわけではないので、変なソフトになれてしまうと本業の仕事でイライラすることになりますからね。

もちろん、今後使っていく上で必要なソフトが出てくると思いますが、それらは必要になった時にインストールすればいいと思っているので初期にインストールするのはこれくらいかなぁ。

スポンサーリンク
【2016年版】WindowsPCを購入したらインストールしたい定番ソフトまとめ
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ