【開封レビュー】Win10搭載スティックPC「マウスコンピュータm-Stick MS-NH1-W10」

s-P1010020

小さくて安いと話題のスティックPCを勢いで買ってしまったので開封レビューしたいと思います。

購入したのはマウスコンピュータの m-Stick MS-NH1-W10という機種で、USBメモリーの様なサイズ感でありながらフルのWindows10搭載したスティックPCです。

スポンサーリンク

性能は限られているが安い

s-P1010021

スペックはフルOSであるWindows10 Homeを搭載し、Atom Z3735F(クアッドコア1.33GHz)、2GBメモリー、32GBストレージとなっています。

性能は正直カスレベルですが、その分安い。だって1万円台でWindowsPCが買えるんだから用途を絞れば十分活用の場はあると思う。

開封チェック

s-P1010024

スマートフォンの様な梱包になっていて、本体サイズはスマホの半分くらいの大きさ。

s-P1010025

付属品はACアダプタ、マイクロUSBケーブル、簡易説明書、HDMI延長コードです。

s-P1010029

本体はシンプルな黒一色でデカいUSBメモリーのような形状。特別安っぽさもなく、作りは良さげかなぁ。。。

s-P1010030

横側にはUSB端子、充電用マイクロUSB端子、電源ボタン。

s-P1010032

逆側はマイクロSD端子。

s-P1010033

で、マイクロUSBが飛び出していると・・・

USB端子が一個しかないので、マウスとキーボードを繋ぐことができないのでUSBハブを用意した方がいい。

s-P1010026

電源は5V/2AのUSB充電器です。なので、他の高出力のスマホ用USB充電器も使えるはずです。

s-P1010035

付属のケーブル類をつなげるとこんな感じ。

使えるように配線するとゴチャゴチャ

s-P1010040

マウスとキーボードを繋がないとだめ。USBポートが1個しかないのでコジマで500円で売っていたUSBハブを購入しました。

s-P1010042

このハブを使ってマウスとキーボードを繋いだ写真がこちらです。

いやぁ、参ったよ。せっかくのコンパクトPCなのに必要なものをつなげると、こんな感じで線がぐちゃぐちゃです。

1つのレシーバーでキーボードとマウスが使える無線マウスを使った方がいいかも。

Bluetoothマウスを使えばUSBポートが埋まらないので、ちょっと高いけどそれも選択肢の1つかな。

↓無線式キーボード・マウスを購入しました

液晶ディスプレイに接続

s-P1010047

液晶ディスプレイへの接続は付属の延長HDMIケーブルを使いました。本体をディスプレイに直接刺すこともできますが、変な力をかけてしまったときにHDMI端子が折れる恐れがあるので止めました。

s-P1010050

とりあえず設置してみたのがこの写真。

スティックPCだけど、スマートじゃない見た目ですが、キーボードとマウスを無線化すれば少しはマシになるはずです。

Windows10セットアップ

s-P1010056

セットアップといっても、普通のWindows10なので画面の指示に従うだけですね。

s-P1010057

IDを設定すれば・・・

s-P1010059

普通のWindows10!あのコンパクトさで普通のWindowsが動いているのが信じられないよね。

ちなみにソフト類は一切入っていなくて、素のWindowsでした。まぁ、32GBしか容量がないからなぁ、余計なものは入れられないわな。

Youtubeの4Kを再生できる

s-P1010062

性能ですが、youtubeの4K動画をフルHDの液晶ディスプレイに表示してもカクつくことなく再生できる程度の性能は持っていました。

でも、これがメインPCとして使えるかと問われれば無理だね。

多くのレビューサイトではWEBサイトを見るくらいなら十分な速度と書いてあるところが多いけど、それは使い込んでいないからだと思います。

2週間くらい使って印象としては、WEBサイトでも厳しい場面が出てきます。

どういったときかというと、バックグラウンドで何かが動作しているときです。たとえば、ウイルススキャンやOneDriveの同期、ウィンドウズアップデート・・・様々なものが見えないところで作業をしています。

これらのソフトが動作していると、メモリーとCPUを占拠してしまいネットですら遅いと感じるほどの動作スピードになってしまいました。

また、ブラウザでたくさんタブを開いていくと直ぐにメモリー不足になります。最近のWEBサイトは画像を多用していることもあり1ページあたり30~50MBものメモリーを消費します。

たった2GBしかないメモリーではタブをばんばん開いていくのは厳しい。1つ開いては消すという作業が必要でイライラしますね。

動画再生マシーンとして使うのが良さそうです

正直言って、性能は高くない。メインで使うにはかなり厳しい性能であるのは事実です。

ですが、用途を絞れば問題ない。

s-P1040076

たとえば、動画再生専用マシーンとして使う。

テレビなどに接続して、youtubeやdTV、アマゾンプライムビデオなどの再生プレイヤーとして使うのはどうでしょうか?

私も実のところ、動画再生用として買いました。基本的に3画面でPCを使いたいんですが、今使っているメインPCが2出力しかできなくて、それをカバーするために買いました。

3画面必要な理由は、1つの画面でブログを書いて、もう一つの画面で資料を開く、そしてもう一つに動画を再生するという使い方をしたいから。

その動画を再生する部分をスティックPCに任せてます。

動画を再生する分には何らスペック不足を感じないので買ってよかったかなぁと思ってます。動画再生専用の機器もあるけどスティックPCなら普通のWindowsなわけでマウスやキーボードもつなげるので汎用背が高くていいなぁと思ってます。

スポンサーリンク
【開封レビュー】Win10搭載スティックPC「マウスコンピュータm-Stick MS-NH1-W10」
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ