LANケーブルに識別タグを取り付けて誤配線・ループ接続を防ぐ!

s-PC3100061

実は月曜日に部屋の大掃除を実施したんですが、その時にLANケーブルをループ接続してしまいインターネットに接続できなくなってしまいました。

なんでネットにつながらないのか原因がわからなくて1時間近く悩んだんですが、よく見るとハブから出たLANケーブルが同じハブに刺さっているという絶対にやっていはいけないミスを犯していた・・・。

s-PC270432

なぜネットワークループをさせてしまったかというと、写真を見てもらえばわかりますが配線がぐしゃぐしゃでどのケーブルがどこに繋がっているか簡単にわからないからです。

家庭のネットワークなので会社のようにLANケーブルにタグで識別されていたりしないわけで・・・

スポンサーリンク

ケーブル識別用タグ「マーキングタイ」

ループ接続すると自宅サーバーもダウンしてしまって、機会損失により広告収入が減少してしまう。

これはイケナイと思って、LANケーブルに識別用タグを取り付けることにしました。

s-PC290580

買ってきたのは、MCO社製マーキングタイです。30本入りで300円くらいと安かったのでこれを選択。

s-PC290581

テープラベルは6mmが適合。私はブラザーのピータッチを使っている。

キングジムの「テプラ」やカシオの「ネームランド」と違ってテープ表面がラミネートされており耐久性が圧倒的に高い。

ラベルプリンターはブラザーが最高だと思うけど、ラミネートされているのでテープが糞高いのが難点。

s-PC290585

マーキングタイの構造はシンプルで、結束バンドの先にタグシールを貼るスペースが用意されているというもの。

シンプルなのですごく安い。

もっと便利でかっこいい商品もあるんだけど、5本で500円とか高くて買えないのでこれにしたわけ。

ラベルを印刷してはるのは面倒だった

s-PC290587

結構面倒だったのがテープ貼り。いろいろなテープを作って貼っていく作業が結構苦痛でした。

s-PC290586

最初はラベルプリンタのキーボードで入力して印刷していたんですが、時間がかかりすぎるので途中からパソコンで印刷しました。

パソコン接続に対応したラベルプリンタで良かった・・・・。

取り付けは簡単です

s-PC310006

普通の結束バンドと同じように巻きつけるだけで取り付けられるのですごく簡単です。

ケーブルの配線も綺麗にした上で、写真のように取り付けました。

s-PC310007

配線のし直しやタグ取り付けで数時間もかかってしまったけど、タグをつけたことで凄くわかりやすくなったと思います。

安いのでおすすめです

一本あたり10円以下とコスパの良いマーキングタイ。家や会社のLANケーブルが意味不明な状況になっているという方は是非試してみるといいと思いました。

今回はラベルプリンタでシールを作りましたが、持っていないならマジックで手書きしてもいいと思います。

また、LAN以外にも電源コードなどの識別にも使えますね。

スポンサーリンク
LANケーブルに識別タグを取り付けて誤配線・ループ接続を防ぐ!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ