【レビュー】40型4Kモニター PHILIPS BDM4065UC/11 デカすぎるPCディスプレイ

s-IMG_0017

7万円台という超激安の40インチ4K解像度のPCモニター「フィリップス BDM4065UC/11」を4か月前に購入したんですがイロイロあって紹介していませんでした。

SDカードの写真整理をしていたら、開封時の写真が出てきたのでレビュー記事でも書いてみたいと思います。

4ヶ月間メインモニターとして使用してきたので、いいところ悪いところがわかってきていますのでそれも合わせて紹介します。

スポンサーリンク

フィリップス BDM4065UC/11 開封の儀式

既に4か月前に開封しているので記憶があやふやですが、あたかも今日開封したかのように紹介していきたいと思います。

s-IMG_0018

先ず、驚いたのがそのデカさです。ベッドに置いた写真を見てもらえばわかると思いますが、PCモニターとは思えない超サイズ。

20インチモニター4つ分の大きさだから当然といえば当然ですが・・・少しデカ過ぎたなぁと後悔したり・・・

s-IMG_0020

パッケージは豪華にカラー印刷されたダンボールに入っていました。

s-IMG_0022

仕様としては、

  • 4K(ウルトラHD) 3840×2160
  • VAパネル
  • HDMI、DisplayPort搭載

です。TN液晶ではなくVAなので、画質面ではそこそこ期待できるんではないでしょうか?

まぁ、最近はIPSが主流なので今時VAって超珍しいけどね。

s-IMG_0023

こいつのすごいところは無駄に接続ケーブルが充実しているところです。

HDMIやDisplayPortケーブルだけではなく、アナログのVGAケーブルまで付いてんだからね。

高級な機種ならわかるけど。たった7万円ちょっとの4Kモニターでこの充実ぶりは驚き。

ただし、4K/60HzはDisplayPortにしかできないので、その他のケーブルは使うことはない。

s-IMG_0024

ケーブル類以外はスタンドと説明書、検査成績書が付属。

s-IMG_0027

このスタンドも尋常じゃないくらいでかいわ。横幅60cmくらいある。

s-IMG_0030

そのスタンドは本体にネジ止めで固定します。

s-IMG_0038

27インチモニターと比べるとこのサイズ感。27インチもかなり大きいほうだけど、40インチと比べてしまうとお子ちゃまクラスだね。

s-IMG_0031

使うことはないけど、USB3.0のハブ機能を内蔵。少し古いPCだとUSB3.0が2個しか付いていないことも多いので、増設したい時には役立つかもしれない。

s-IMG_0032

コネクタ類。HDMI×2、DisplayPort×1、ミニDisplayPort×1、アナログVGA×1、音声入出力×各1。HDMIは4K/60Hz不可です。

PCディスプレイとしては充実していますが。切り替えがやりにくいので入力は1個と思ったほうがいいです。

複数入力したい場合はテレビを使ったほうがいいですね。リモコンあるし。

s-IMG_0034

ちなみにですが、付属のDisplayPortのケーブルは片側がフルサイズ、もう片側がミニサイズとなってますので、パソコン側の出力端子のサイズがどっちでも対応可能。

s-IMG_0035

イマイチなところとしては電源コードの差し込みプラグ。

電源内蔵ですが、この出っ張り方はセンスないね。スタンドが大きくて壁にくっつけて使うことはできないので実用上は問題ないけど、もう少しどうにかならなかったのでしょうか?

設置した感じはヤバイ位デカイ

s-IMG_0040

こちらが40インチモニターの設置した感じ。

写真ではデカさが伝わらないですが、最初に見たときはマジかって思ったくらいでかかった。

正直言って買わなければ良かったと後悔したほど。

s-IMG_0050

文字の大きさなんかは、Windows側でいくらでも変更できるので問題はないです。

40インチの使い勝手は?

s-IMG_0042

既に4か月使ってますが、当初はでかすぎて目線移動が多くて使いづらいなぁーと思っていたんですが、人間なれるもので今では何の違和感もなく使えています。

正直な意見としては、PC作業をするだけならこの大きさは必要ないし逆に使いにくいと思います。目線移動が多くなって疲れるからね。

でも、YouTubeやアマゾンプライムビデオといった動画を見るときにはすごくいい。

特に私の場合はPCでブログを書いているか動画を見ているかどちらかなので、このデカイ画面はすごくいい。画面半分で動画を再生して、もう半分でブログ更新なんてことも余裕でできるサイズ感。

デュアルディスプレイでなくても、資料と編集画面を同時に表示できる作業領域は驚異的な使いやすさです。

また、ネットの評判を見ると反射が気になるといった意見もありますが、完全なグレア液晶ではなく若干反射防止加工がされていると思う。

なので、比較的に映り込みは少ない。光沢感もあるので動画などを見るときは英場が切れに見える効果もあって悪くないと個人的には思いました。

イマイチな点は?

買うときの参考になるようにダメなところを箇条書きで書いておきたいと思います。

  • スタンドの形状の問題で奥行が結構取られる。奥行60センチのデスクを使用していますが若干窮屈です。
  • グラボを積んでないと4K/60Hzはキツイ。CPU内蔵グラフィックだと、動画がカクカクになることもあるし、CPUファンの回転が高くなる
  • 視野角が若干狭い。端を見ると色が少し変わって見える(許容範囲だけど)
  • 目線の移動が多くなる
  • 上の方は見上げるように見ないとダメ。疲れる

正直言うと誰にでもオススメできるモニターではないです。4Kを出力するにはDisplayPortが必要ですし、PCのグラフィックボードもそれなりにいいものを積んでいないと動作がカクカクになることもあります。

でも、大画面でYouTubeをみると迫力が違う。PCで動画を沢山見るという方にはいいのかもしれません。

↓人を選ぶ商品なので買う前にアマゾンでレビューなどをチェックしてから買いましょう。

スポンサーリンク
【レビュー】40型4Kモニター PHILIPS BDM4065UC/11 デカすぎるPCディスプレイ
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ