MacPro風PCケース「黒鼓」レビュー2 組み立て方法を詳しく解説編

この記事は話題のMacPro風ケース「黒鼓」レビュー1 外観チェック編の続きです。

s-PC130091

黒鼓レビュー1では外観と内部構造をチェックしました。レビュー2では組み立てを行いたいと思います。

スポンサーリンク

使用したパーツ

s-PC130110

黒鼓に組み込む部材はCPUとCPUファン、メモリーは旧PCからの移植。マザーボード、SSD、電源は新品を使いました。

以下が詳細。アマゾンへのリンクを張っといたので参考にしてください。なお、このパーツで何の問題もなく動作しました。

旧メインPCではグラボも載せていましたが、黒鼓にはサイズ的にはまらないのでCPUの内蔵グラフィックを使うことにしました。

マザーボードの取り付け

s-PC130096

では、組み立てしていきましょう。

背面のネジ4本をはずします。

s-PC130100

サイドカバー2枚をものすごく強い力ではずします。

異常なくらい硬いので壊れるんじゃないかってくらい思いっきりやらないと外れません。

s-PC130112

マザーボードに付属の背面パネルを内部からはめ込みます。

s-PC130120

マザーボードにメモリーをさします。切れ込みにあわせて強めに押すとはまります。

結構硬いので、初めてだと躊躇しがちですが向きさえ正しければ思いっきり押せば入ります。

s-PC130121

次にCPUの固定カバーをはずして切欠きにあわせてCPUをセット。固定カバーを元に戻して固定します。

s-PC130122

CPUにグリスを塗ります。CPUクーラー側に塗られている場合は必要ないです。

量は適当でかまいませんが、少ないより多めに塗ったほうが安全。指で伸ばしても良いけど、私は汚れるので伸ばしません。

s-PC130123

CPUファンを載せて、4箇所のピンを押し込みます。CPUファンのコネクタをマザーボード上のCPUファンコネクタに差し込みます。

s-PC130124

ファンのピンがちゃんとはまっているか裏面を確認すると安心です。

s-PC130125

あとは、ケースに押し込んで4箇所のネジを締めます。

s-PC130126

次にケースからでている線をマザーボードに差し込みます。指す位置はマザーボードによってさまざまな。

マザボの取り扱い説明書を見ながら正しく配線します。

s-PC130128

線はファンなどに絡まるとヤバイので結束バンドなどで結束しておくと安心です。

s-PC130129

さらに、ケースのフレーム部分にも固定すれば完璧。できるだけ切れに配線したほうが気分もいい。

電源の取り付け

s-PC130130

次に電源の取り付け。SFX規格というコンパクトな電源しか使えません。私はSilverStone SFX電源 300W SST-ST30SFを使いました。

基本的にファンが回らない超静穏電源で非常に人気。SFX電源は種類がないのでこれで決まりかな。

s-PC130138

一般的なITX電源よりも2回りくらいコンパクトです。

s-PC130142

普通のITX電源サイズに変換するアダプタも付属しているので、ケースを買い換えても活用できるのも魅力でした。

s-PC130157

ちなみに、コネクタ類は本体から生えているタイプ。取り外しはできませんが、そんなにたくさん生えていないので問題はなさそうです。

s-PC130169

通常は電源を本体に固定してからコネクタをさしていきますが、黒鼓の場合は最初にマザーボードへの電源コネクタをつなげておく必要があります。

マザーボードによって電源コネクタの数は違いますが、一般的には一番でかいコネクタと4ピンのコネクタ2本を刺せばOKです。

4ピンコネクタは取り付け忘れしやすいので注意です。つけていないと動作しません。

また、上下のファンも電源供給が必要なので電源をつないでおきましょう。

s-PC130158

そして電源本体をマザーボード上の取り付け位置にネジ止めします。

本体から出ている電源コードを電源に差し込みます。電源にON/OFFスイッチがある場合はON(I:Inputの方)にしておきましょう。

SSD取り付け

s-PC130150

黒鼓には2.5インチと3・5インチがそれぞれ1個ずつ取り付けられます。SSDの場合は写真のようにネジ止めしてSATAコードを差し込んでおきます。

反対側のSATAコネクタはマザボにさします。

s-PC130166

次に電源から生えているSATA電源コードを差し込みます。

s-PC130165

配線がごちゃごちゃしてきますが、結束バンドを大量に使っていい感じに配線しましょう。

最低でもファンには接触しないように工夫が必要です。コンパクトケースの場合はこの部分が難しい。センスが問われるところ。

あとはサイドカバーを元に戻せば完成

s-PC130174

組み付けはこれで終了で後はサイドカバーを元に戻せば完成です。

大きなケースに比べて配線等を工夫しながら組み付けないとファンなどに線が絡まる事故につながるので注意が必要ですが、組み付け方は基本的に同じ。

作業性が悪いので組み立てまで3時間もかかってしまいましたが、めちゃくちゃ難しいというわけではありませんでした。

最後にキーボードやマウス、LAN、モニターケーブル等をつないで動作確認しましょう。

s-PC130172

画面に何か表示されればOK。

s-PC130173

あとは外付けDVDドライブなどをつなげてウィンドウズインストールすれば完成です。

冷却性能などは問題ない

s-PC130105

ちなみにですが、冷却性能は十分性能が高いと思います。下からすって上に廃熱する構造で空気の流れは悪くない。

でも、ファンの風量が弱いので物足りない気もする。その分、静穏なんだけどね。

ただ、夏が心配。今は寒いからこの程度の風量でも余裕で冷却できますが、真夏はどうなることか・・・まぁ、クーラー入っているから大丈夫だとは思うけど、心配なら高性能なファンに取り替えたほうが良いかもです。

↓購入検討中の方はアマゾンで買えますので値段やレビューをチェックしてみてね

スポンサーリンク
MacPro風PCケース「黒鼓」レビュー2 組み立て方法を詳しく解説編
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ

コメント

  1. 匿名 より:

    「ITX電源」ってなんですか?
    検索してもでてきません
    ATX電源の事ですか?