Mac Pro風PCケース「黒鼓」を注文!グラボはどうしよう 4K/60Hz出力できん!

アイティーシー 円筒型のMini-ITXケース KT-PI314 黒鼓(Kuro-Tsudsumi)

以前紹介したMac Pro風PCケース「黒鼓」が今日発売。丸型の珍しいデザインに一目惚れしてしまってアマゾンで速攻でポチってしまいました。

スポンサーリンク

今使ってるケースも悪くないんだけどね

s-0869

今使っているクーラマスターのキューブケースも悪くなかった。コンパクトなのにフルサイズのグラボが乗るし、普通の電源に光学ドライブが付けられる。

小さくいのに拡張性十分で、しかも安いときた。

でも、調子が悪い。ケースのせいでは無いんだけど、グラボがぶっ壊れているのか知らないけど、画面にノイズが入るんですよね。

たまにグラボのドライバーがクラッシュしてOSが固まることもある。

グラボ買い換えればいいじゃんと思うかもしれないけど、このケースの作業性は劣悪でグラボを交換するためにはバラバラにしないとダメなんです。

だったら、ボーナスも出たことだしケースごと交換しちゃおうかと思ったわけです。

基本的にはパーツ流用します

s-0873

せっかくなのでフル新規に自作PCを組み立てたいところですが、予算がないので基本的にはパーツ流用して、足りないものだけ買い足す感じ。

黒鼓は以下のパーツが必要

  • SFX電源(奥行き100mm品)
  • MINI-ITXマザーボード
  • CPU
  • メモリー
  • CPUファン
  • HDDとかSSD

この中で流用できないのがSFX電源です。

SFX電源はSilverStone 300W SST-ST30SFを選定

SilverStone SFX電源 300W SST-ST30SF

SFX電源は普通の自作用電源よりも小型のもので省スペースタイプのケースによく使われるものです。余り使う人がいないので、ラインナップはあんまりない。

アマゾンやカカクコムのレビューを参考にして最も良さそうな電源だと思われる「SilverStone 300W SST-ST30SF」という電源をアマゾンで発注しました。

レビューなどを見ると、静音性が高いというのが特徴で55℃以下ではファンが回らないという強者。若干値段は高いけど、火がでると怖いからいいものを買いたい。

奥行き100mmで黒鼓にもハマるはず。

安さを重視したいならCORE-SFX300って言うすっごく安いSFX電源もある。値段が最重要ならコレを選んでもいいかも。

グラボは後で考える

黒鼓にもロープロファイル(コンパクトな奴)のグラフィックボードなら取付可能です。

でも今使っているのはGTX 660なのでデカくて取り付け不可能で買い替えが必要です。

と言うか壊れてるから使いたくないし。

玄人志向 グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX750Ti PCI-Ex16 LowProfile 2GB 補助電源なし GF-GTX750TI-LE2GHD

ロープロファイル対応となるとGTX750Tiが一番最上位。補助電源もいらなくて低消費電力。

660よりも10%くらい性能が低いですがコンパクトで価格も安い。悪くないと思いますが若干デカイので取り付けれるか心配。

最大の欠点はディスプレイポートを搭載しているモデルがない。4K/60Hz出力できないんです。。2列タイプならあるけど1列だとDisplayPortではなくHDMIなんだよね。

なので、4Kを使っているワタシ的にはNGですね。

となると、Sapphire R7 250 1G GDDR5 になるのだけど性能の割に値段がクソ高い。コスパ悪すぎてちょっと手が出ない。RADEONも嫌いだし・・・

DisplayPort搭載のマザーボードに買い換えるか・・・

到着次第レビューします

今日注文したばかりなので何時届くかはわからないです。

2~3日くらいでは届くと思うので、届いたらレビュー記事を書きたいと思いますのでお楽しみに!

スポンサーリンク
Mac Pro風PCケース「黒鼓」を注文!グラボはどうしよう 4K/60Hz出力できん!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ