300円の高級さば缶(味噌煮)は安いのと何が違う?美味しいの?

s-0778

最近良く見かける高級鯖缶。スーパーで山積みなっていた300円の高級なサバ味噌煮缶を買ってみたので普通の鯖缶と何が違うのかチェックしていきたいと思います。

s-0779

なんで高いんだというと、三陸でとれたいい鯖だけを使っているからのようです。脂ののりが違うらしい。

s-0780

製造元は伊藤食品、販売元はとりせん、お問い合わせは丸高蔵・・・

要は、とりせんというスーパーのプライベートブランド品。PB品だったかぁ。地方のマイナースーパーのPBじゃあ、ブログのネタとしてはよろしくないね。

s-0781

開封。独特の臭い匂いあり。

s-0782

皿に出してみると、300円と高級なだけあって、サバがたっぷりと入っていました。

大きい切り身が3つ、小さいのが1つ。

あれ、コレって高級なサバ缶じゃなくて量が多いから高いんじゃないの説が出てきたなぁ。

明らかに安い鯖缶詰より量が多いからさ。

s-0793

肝心のお味はと言うと、確かにあぶらの乗りは最高。とろとろしていて旨い。

ただねぇ。100円鯖缶と違いがあるかというと・・・よくわからん。

味としては多分大差ないと思うんだよね。

というか、量が多いだけで普通の鯖缶と同じじゃねーの?って疑惑が確信に至ってきたような気がする。

うーん。300円ってのが微妙だったかも。500円以上するもっと高級な鯖缶なら味が違ったのかもしれないね。もっと高いの見かけたら買ってきますわ。

スポンサーリンク
300円の高級さば缶(味噌煮)は安いのと何が違う?美味しいの?
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク